環境保全のためのナノ構造制御触媒と新材料の創製

1.研究領域の概要

この研究領域は、ナノオーダーで構造・組織等を制御することにより、これまでになく高効率・高選択的にかつ環境負荷を低く化学物質等を合成あるいは処理することが可能な新触媒・新材料・システム、環境負荷の低い新材料等を創製し、環境改善・環境保全に資する研究を対象とする。
具体的には、環境負荷の高い合成プロセスをナノ構造制御触媒等により低環境負荷型に代替する技術に係わる研究、高効率分離・吸着機能・高立体選択的表面・触媒等の高機能・新機能を有するナノ構造材料等の創製に係わる研究、すなわちグリーンナノケミストリーに加え、排ガス・排水中に含まれる化学物質、環境中に存在する化学物質等を高効率・高選択的に分離・除去、分解、無害化するナノ構造制御触媒の開発に係わる研究、これらを組み込んだシステムの創製に係わる研究、ナノ空間機能を反応場として活用したナノリアクター等の創製を目指す研究、環境負荷の低いナノ制御構造材料に係わる研究等が含まれている。

2.CREST研究領域追跡評価の概要

2-1.評価報告書

「環境保全のためのナノ構造制御触媒と新材料の創製」追跡評価報告書

2-2.評価委員

◎服部 忠  愛知工業大学総合技術研究所 客員教授
西山 久雄  名古屋大学大学院工学研究科化学・生物工学専攻 教授
野崎 京子  東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻 教授
府川 伊三郎 元旭化成(株) 取締役・中央技術研究所 所長
◎は委員長

2-3.追跡評価用資料

「環境保全のためのナノ構造制御触媒と新材料の創製」追跡評価用資料

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望