医療に向けた化学・生物系分子を利用したバイオ素子・システムの創製

1.研究領域の概要

この研究領域は、医療への応用に向け、ナノスケールでの生体反応・情報制御技術、バイオ素子・システム等の創製、および、それに用いる化学・生物系ナノ構造体に係わる研究を対象とするものである。
具体的には、超高感度に物質濃度や温度・圧力等を測定するバイオ素子・システムや、生体情報や生体反応を計測・制御するバイオ素子・システム等の創製に係わる研究、バイオ素子・システム等の創製に必要となる化学・生物系ナノ構造体や材料に係わる研究、バイオ素子・システムを診断・治療等医療に応用する研究やドラッグデリバリーシステム等が含まれる。

2.CREST研究領域追跡評価の概要

2-1.評価報告書

「医療に向けた化学・生物系分子を利用したバイオ素子・システムの創製」追跡評価報告書

2-2.評価委員

◎今井 浩三 東京大学医科学研究所 病院長
武川 睦寛  東京大学医科学研究所 教授
時野 隆至  札幌医科大学医学部附属フロンティア医学研究所 教授
伊東 文生  聖マリアンナ医科大学消化器・肝臓内科 部長・教授
前田 瑞夫  (独)理化学研究所前田バイオ工学研究室 主任研究員
千葉 雅俊  田辺三菱製薬(株)製品戦略部 マネジャー
◎は委員長

2-3.追跡評価用資料

「医療に向けた化学・生物系分子を利用したバイオ素子・システムの創製」追跡評価用資料

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望