新しい物理現象や動作原理に基づくナノデバイス・システムの創製

1.研究領域の概要

この研究領域は、量子系の新しい物理現象や動作原理、および、それを用いて新しいデバイス・システム等を実現するための研究を対象とするものである。
具体的には、ナノスケールにおいてはじめて現われる電子系やスピン系の物理的特性を応用して演算、記憶等のアクティブな情報処理機能をもつ新しいデバイスの実現、ナノスケールの局所的特性を対象として電気、機械、光等の物理的手法や動作原理を用いてセンシング、操作、制御等を行うデバイスや新たな情報処理システムの創製を目指す研究等が含まれている。また、既存技術の限界を打破する新しい技術領域の創出に発展する新しい物理現象の発現のためのナノデバイスに係わる構造研究、現在まだ対象とするものの性質の研究にとどまっている現象をデバイスに結びつける研究等も含まれている。

2.CREST研究領域追跡評価の概要

2-1.評価報告書

「新しい物理現象や動作原理に基づくナノデバイス・システムの創製」追跡評価報告書

2-2.評価委員

◎黒田 新一 名古屋大学工学研究科マテリアル理工学専攻応用物理学分野 教授
橋詰 富博  (株)日立製作所中央研究所 主管研究員/東京工業大学大学院理工学研究科物性
物理学専攻連携講座 教授
井元 信之  大阪大学大学院基礎工学研究科物質創成専攻物性物理工学領域 教授
蔡 兆申   (独)理化学研究所基幹研究所単量子操作研究グループ グループディレクター、
巨視的量子コヒーレンス研究チーム チームリーダー
為近 恵美  NTTアドバンステクノロジ(株)先端プロダクツ事業本部営業SE部門 担当部長
◎は委員長

2-3.追跡評価用資料

「新しい物理現象や動作原理に基づくナノデバイス・システムの創製」追跡評価用資料

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望