植物の機能と制御

1.研究領域の概要

植物の持つ多様な機能を解明するとともに、その機能を制御し、利用することをめざす研究を対象とするものである。
具体的には、植物ゲノムの解析並びに遺伝情報の解明、植物と環境との相互作用や環境ストレス下での植物遺伝情報の発現、さらには分子育種や生理機能の制御等を通じて、食料生産の増大及び質の向上、創薬への応用、パルプや建築材、繊維等の工業製品、その他未利用植物資源の利用、地球環境の保全や災害防止などに至る様々な植物の利活用をめざす研究等が含まれている。

2.CREST研究領域追跡評価の概要

2-1.評価報告書

「植物の機能と制御」追跡評価報告書

2-2.評価委員

◎福田 裕穂 東京大学大学院理学系研究科 教授
中村 研三  中部大学応用生物学部 教授
前島 正義  名古屋大学大学院生命農学研究科 教授
田中 章   三菱化学(株)RD戦略室 部長
◎は委員長

2-3.追跡評価用資料

「植物の機能と制御」追跡評価用資料

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望