平成24年度実施分

研究領域「新機能創成に向けた光・光量子科学技術」事後評価(課題評価)結果

1.研究領域の概要

 本研究領域は、情報処理・通信、材料、ライフサイエンスなど、基礎科学から産業技術にわたる広範な科学技術の基盤である光学および量子光学に関して、光の発生、検知、制御および利用に関する革新的な技術の創出を目指す研究を対象とするものである。
 具体的には、情報処理・通信技術や計測技術などの飛躍を目的とした量子ドット、フォトニック結晶、非線形光学の応用などによる新しい光機能素子などの原理や技術、分子・原子や化学反応の制御、生体観察・計測、産業・医療などへの利用を目的とした未開拓の波長域発生などの新しい光源・検出手法の開発・高度化と利用技術、近接場光などを利用した光と物質の局所的相互作用の解明と超微細加工や超大容量メモリなどの利用技術、光による原子の量子的制御技術や光の本質に基づく新たな物質科学などの創出を目指す研究を対象とする。また、以上の研究にブレークスルーをもたらす、新材料に関する研究も対象とする。

2.事後評価の概要

2-1.評価の目的、方法、評価項目及び基準

 戦略的創造研究推進事業・CRESTにおける事後評価の目的、方法、評価項目及び基準に沿って実施した。

2-2.評価対象研究代表者及び研究課題
平成19年度採択研究課題
(1)太田 淳 (奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科 教授)
バイオメディカルフォトニックLSIの創成(128KB)
(2)門脇 和男 (筑波大学大学院数理物質科学研究科 教授)
超伝導による連続THz波の発振と応用(193KB)
(3)橋本 秀樹 (大阪市立大学複合先端研究機構 教授)
光合成初期反応のナノ空間光機能制御(133KB)
(4)平山 秀樹 ((独)理化学研究所 主任研究員)
230-350nm帯InAlGaN系深紫外高効率発光デバイスの研究(132KB)
(5)宮永 憲明 (大阪大学レーザーエネルギー学研究センター 教授)
アダプティブパワーフォトニクスの基盤技術(129KB)
2-3.事後評価会の実施時期

 平成24年11月24日(土)

2-4.評価者

研究総括

伊澤 達夫
元 東京工業大学 理事・副学長

領域アドバイザー

荒川 泰彦
東京大学ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構 機構長、同生産技術研究所 教授
伊藤 弘昌
(独)理化学研究所 客員主幹研究員
植田 憲一
電気通信大学レーザー新世代研究センター 特任教授
大津 元一
東京大学大学院工学系研究科 教授
加藤 義章
光産業創成大学院大学 学長
菊地 眞
(財)医療機器センター 理事長
小柴 正則
北海道大学大学院情報科学研究科 特任教授
小林 哲郎
大阪大学産学連携本部 特任教授
中沢 正隆
東北大学電気通信研究所 所長、総長補佐
花村 榮一
東京大学 名誉教授
春名 正光
大阪大学産学連携本部 特任教授
外部評価者
該当者なし

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望