平成24年度実施分

研究領域「代謝調節機構解析に基づく細胞機能制御基盤技術」事後評価(課題評価)結果

1.研究領域の概要

 本研究領域は、細胞内の代謝変化を統合的あるいは網羅的に解析し、細胞機能の制御メカニズムや恒常性維持のメカニズムを明らかにし、細胞機能を効率的に制御・変換(機能の向上、改変、新規機能の付与など)したり、恒常性の乱れを改善・回復させる細胞制御基盤技術の創出に繋がる研究を対象とする。
 具体的には、1)細胞の代謝産物群の経時的、定量的測定結果をもとに、外部刺激を受けた細胞、病態や発生・分化過程にある細胞など、種々の細胞状態を規定する代謝産物群の同定、それにもとづく細胞状態の分類・評価、細胞状態の転移・変換に繋がる基盤技術の創出、2)既存あるいは個別代謝産物群の動態解析情報に基づく細胞機能のモデリングや細胞状態変化に伴う機能変化予測技術、およびこれらの研究にもとづき特定の代謝経路を特異的に制御する化合物の予測や制御物質の設計、新機能を付与した細胞作製技術、特定代謝経路の特異的修飾技術の開発などの研究が含まれる。

2.事後評価の概要

2-1.評価の目的、方法、評価項目及び基準

 戦略的創造研究推進事業・CRESTにおける事後評価の目的、方法、評価項目及び基準に沿って実施した。

2-2.評価対象研究代表者及び研究課題
平成19年度採択研究課題
(2)清野 進 (神戸大学大学院医学研究科 教授)
糖代謝恒常性を維持する細胞機能の制御機構(200KB)
(3)平井 優美 ((独)理化学研究所植物科学研究センター チームリーダー)
植物アミノ酸代謝のオミクス統合解析による解明(144KB)
2-3.事後評価会の実施時期

 平成24年11月1日(木)

2-4.評価者

研究総括

西島 正弘
昭和薬科大学 学長

領域アドバイザー

阿部 啓子
東京大学大学院農学生命科学研究科 特任教授
大隅 良典
東京工業大学統合研究院フロンティア研究機構 特任教授
大野 茂男
横浜市立大学大学院医学研究科 教授
春日 雅人
(独)国立国際医療研究センター 総長
篠崎 一雄
(独)理化学研究所植物科学研究センター センター長
高井 義美
神戸大学大学院医学系研究科 教授
竹縄 忠臣
神戸大学大学院医学系研究科 教授
田中 啓二
(財)東京都医学総合研究所 所長
谷澤 克行
大阪大学産業科学研究所 教授
中村 春木
大阪大学蛋白質研究所 教授
西村 紀
神戸大学医学部 客員教授
村松 喬
愛知学院大学心身科学部 客員教授
外部評価者
該当者なし

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望