トップページ >> 平成30年度研究提案を募集する研究領域

平成30年度研究提案を募集する研究領域

CREST

研究領域 研究総括 戦略目標 発足年度
ゲノムスケールのDNA設計・合成による細胞制御技術の創出 塩見 春彦
(慶應義塾大学 医学部 教授)
ゲノムスケールのDNA合成及びその機能発現技術の確立と物質生産や医療の技術シーズの創出 平成
30年度
新たな生産プロセス構築のための電子やイオン等の能動的制御による革新的反応技術の創出 吉田 潤一
(鈴鹿工業高等専門学校 校長 / 京都大学 名誉教授)
持続可能な社会の実現に資する新たな生産プロセス構築のための革新的反応技術の創出
トポロジカル材料科学に基づく革新的機能を有する材料・デバイスの創出 上田 正仁
(東京大学 大学院理学系研究科 教授)
トポロジカル材料科学の構築による革新的材料・デバイスの創出
Society5.0を支える革新的コンピューティング技術 坂井 修一
(東京大学 大学院情報理工学系研究科 教授)
Society5.0を支える革新的コンピューティング技術の創出
細胞外微粒子に起因する生命現象の解明とその制御に向けた基盤技術の創出 馬場 嘉信
(名古屋大学 大学院工学研究科 教授)
細胞外微粒子により惹起される生体応答の機序解明と制御 平成
29年度
ナノスケール・サーマルマネージメント基盤技術の創出 丸山 茂夫(研究総括)
(東京大学 大学院工学系研究科 教授)
粟野 祐二(研究総括補佐)
(慶應義塾大学 理工学部 教授)
ナノスケール熱動態の理解と制御技術による革新的材料・デバイス技術の開発
実験と理論・計算・データ科学を融合した材料開発の革新 細野 秀雄
(東京工業大学 科学技術創成研究院 教授)
実験とデータ科学等の融合による革新的材料開発手法の構築
人間と情報環境の共生インタラクション基盤技術の創出と展開 間瀬 健二
(名古屋大学 大学院情報学研究科 教授)
ネットワークにつながれた環境全体とのインタラクションの高度化
光の特性を活用した生命機能の時空間制御技術の開発と応用 影山 龍一郎
(京都大学 ウイルス・再生医科学研究所 教授)
生命科学分野における光操作技術の開発とそれを用いた生命機能メカニズムの解明 平成
28年度
計測技術と高度情報処理の融合によるインテリジェント計測・解析手法の開発と応用 雨宮 慶幸 (研究総括:CREST担当)
(東京大学 大学院新領域創成科学研究科 特任教授)
北川 源四郎(副研究総括:さきがけ担当)
(東京大学 数理・情報教育研究センター 特任教授)
材料研究をはじめとする最先端研究における計測技術と高度情報処理の融合
量子状態の高度な制御に基づく革新的量子技術基盤の創出 荒川 泰彦
(東京大学 ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構 特任教授)
量子状態の高度制御による新たな物性・情報科学フロンティアの開拓
イノベーション創発に資する人工知能基盤技術の創出と統合化 栄藤 稔
(大阪大学 先導的学際研究機構 教授)
急速に高度化・複雑化が進む人工知能基盤技術を用いて多種膨大な情報の利活用を可能とする統合化技術の創出

 

さきがけ

研究領域 研究総括 戦略目標 発足年度
ゲノムスケールのDNA設計・合成による細胞制御技術の創出 塩見 春彦
(慶應義塾大学 医学部 教授)
ゲノムスケールのDNA合成及びその機能発現技術の確立と物質生産や医療の技術シーズの創出 平成
30年度
電子やイオン等の能動的制御と反応 関根 泰
(早稲田大学 理工学術院 教授)
持続可能な社会の実現に資する新たな生産プロセス構築のための革新的反応技術の創出
トポロジカル材料科学と革新的機能創出 村上 修一
(東京工業大学 理学院 教授)
トポロジカル材料科学の構築による革新的材料・デバイスの創出
革新的コンピューティング技術の開拓 井上 弘士
(九州大学 大学院システム情報科学研究院 教授)
Society5.0を支える革新的コンピューティング技術の創出
量子技術を適用した生命科学基盤の創出 瀬藤 光利
(国立国際マスイメージングセンター センター長)
量子技術の適用による生体センシングの革新と生体分子の動態及び相互作用の解明 平成
29年度
生体における微粒子の機能と制御 中野 明彦
(理化学研究所 光量子工学研究センター 副センター長)
細胞外微粒子により惹起される生体応答の機序解明と制御
熱輸送のスペクトル学的理解と機能的制御 花村 克悟
(東京工業大学 工学院 教授)
ナノスケール熱動態の理解と制御技術による革新的材料・デバイス技術の開発
人とインタラクションの未来 暦本 純一
(東京大学 大学院情報学環 教授 /(株)ソニーコンピュータサイエンス研究所 副所長)
ネットワークにつながれた環境全体とのインタラクションの高度化
生命機能メカニズム解明のための光操作技術 七田 芳則
(立命館大学 総合科学技術研究機構 客員教授 / 京都大学 名誉教授)
生命科学分野における光操作技術の開発とそれを用いた生命機能メカニズムの解明 平成
28年度
計測技術と高度情報処理の融合によるインテリジェント計測・解析手法の開発と応用 雨宮 慶幸 (研究総括:CREST担当)
(京都大学 大学院工学研究科 特任教授)
北川 源四郎 (副研究総括:さきがけ担当)
(東京大学 数理・情報教育研究センター 特任教授)
材料研究をはじめとする最先端研究における計測技術と高度情報処理の融合
量子の状態制御と機能化 伊藤 公平
(慶應義塾大学 理工学部長/教授)
量子状態の高度制御による新たな物性・情報科学フロンティアの開拓
新しい社会システムデザインに向けた情報基盤技術の創出 黒橋 禎夫
(京都大学大学院 情報学研究科 教授)
急速に高度化・複雑化が進む人工知能基盤技術を用いて多種膨大な情報の利活用を可能とする統合化技術の創出

 

ACT−I

研究領域 研究総括 戦略目標 発足年度
情報と未来 後藤 真孝
(産業技術総合研究所 情報技術研究部門 首席研究員)
急速に高度化・複雑化が進む人工知能基盤技術を用いて多種膨大な情報の利活用を可能とする統合化技術の創出 / 人間と機械の創造的協働を実現する知的情報処理技術の開発 / 分野を超えたビッグデータ利活用により新たな知識や洞察を得るための革新的な情報技術及びそれらを支える数理的手法の創出・高度化・体系化 平成
28年度

 

CREST-ANR共同提案募集

 科学技術振興機構(JST)は日仏の科学研究における協力促進を目的に、2017年12月にフランスのANR(国立研究機構)と協力枠組み合意を締結しました。この合意に基づき、CRESTの枠組みの中で、日仏研究者による日仏共同研究プロジェクトの支援を行うこととしました。
 平成30年度のCRESTの提案募集では、以下の2研究領域で通常の研究提案に加えて、日仏共同研究グループによる共同研究提案を募集します。
 詳細はこちらをご参照ください。

研究領域 研究総括 戦略目標 発足年度
人間と情報環境の共生インタラクション基盤技術の創出と展開 間瀬 健二
(名古屋大学 大学院情報学研究科 教授)
ネットワークにつながれた環境全体とのインタラクションの高度化 平成
29年度
量子状態の高度な制御に基づく革新的量子技術基盤の創出 荒川 泰彦
(東京大学 ナノ量子情報エレクトロニクス研究機構 特任教授)
量子状態の高度制御による新たな物性・情報科学フロンティアの開拓 平成
28年度

 

平成29年度募集 採択課題・総括総評(ご参考)

 平成29年度募集における採択課題・総括総評は、下記より閲覧可能です。

平成29年度 戦略的創造研究推進事業(CREST)「ナノスケール・サーマルマネージメント基盤技術の創出」領域 新規採択課題・総括総評
平成29年度 戦略的創造研究推進事業(CREST)新規採択課題・総括総評(CREST上記領域以外)
平成29年度 戦略的創造研究推進事業(さきがけ)新規採択課題・総括総評
平成29年度 戦略的創造研究推進事業(ACT-I)新規採択課題・総括総評


CONTENTS
お問い合わせ先
e-Rad(府省共通研究開発管理システム)から応募ください

JSTへの研究提案の応募はe-Radから行います。


募集に関する情報は、本ホームページでお知らせするとともに、メールマガジン「JST基礎研究通信」等、JSTが発行するメールマガジンからもご案内いたします。この機会にぜひご登録ください。
JSTメルマガ登録
なお、本ホームページでお知らせする情報の一部は、戦略的創造研究推進事業のTwitterにも掲載します。


CREST・さきがけ研究提案募集