【矢内 直人】暗号学的期待値分布に基づくソースコードレベルでの汎用的脆弱性検証手法

研究者

矢内 直人

矢内 直人

大阪大学
大学院情報科学研究科
助教

研究室ホームページ

研究概要

脆弱性はシステムにおいて深刻な問題となるセキュリティ上の欠陥です。現状の脆弱性解析は個々の状況・攻撃ごとに個別実施されていますが、これは大量の検証実施に起因する生産性の低下や検証漏れの状況発生など潜在的な危険性を招きます。本研究では暗号学におけるプログラムの期待値分布の概念に基づき脆弱性を定式化することで、コード実装時において個々の状況に寄らない汎用的な安全性を保証する脆弱性検証技術を提案します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望