【鄭 銀強】Developing a Multispectral RGB-D Camera for 3D Video Capture of Underwater Scenes

研究者

鄭 銀強

鄭 銀強

情報・システム研究機構
国立情報学研究所
助教

研究室ホームページ

研究概要

本研究は水中シーンの3D ビデオ撮影に向けて新しいマルチスペクトルRGB-Dカメラの開発を目的とします。現存の対象物表面形状を測定する方法と異なり、提案されているカメラは波長に応じて水の吸収率が違うという現象を利用して、光線が水中に通過した距離を推定します。このカメラによって、水中の静止物だけでなく、魚など動きの速い物のRGB色と三次元形状を撮ることができると予想しています。

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望