【浦西 友樹】計算機視覚のための構造色物体の形状と光学現象モデルの計測

研究者

浦西 友樹

浦西 友樹

大阪大学
サイバーメディアセンター
准教授

研究室ホームページ

研究概要

本研究では、「ヒトに並び、ヒトを超える視覚を計算機に与える」ことを目指し、様々な物体の形状や光学現象モデルを実時間計測すべく、構造色を有する物体の表面形状および光学現象モデルをライトフィールドから推定する手法を提案します。提案手法では、光源の入射角と物体面の法線方向により発色パターンが変化する構造色の局所変化をライトフィールドカメラで観測し、構造色物体の幾何的および光学的性質を同定します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望