研究課題評価
(1) 研究総括は、領域アドバイザー等の協力を得て、研究開始1年後を目処に進捗評価を行い、新たに最長2年間の加速フェーズを設けて支援できる研究課題を決定します。
(2) 研究総括は、領域アドバイザー等の協力を得て、研究の特性や発展段階に応じて、研究終了後できるだけ早い時期又は研究終了前の適切な時期に研究課題の事後評価を実施します。
(3) 上記の他、研究総括が必要と判断した時期に課題評価を行う場合があります。
(4) 研究終了後一定期間を経過した後、研究成果の発展状況や活用状況、研究者の活動状況等について追跡調査を行います。追跡調査結果等を基に、JSTが選任する外部の専門家が追跡評価を行います。
研究領域評価
(1) 研究課題評価とは別に、研究領域と研究総括を対象とした研究領域評価が行われます。戦略目標の達成へ向けての進捗

(参考)
本事業に関する内部規定

研究課題採択状況

課題進捗評価

課題事後評価

領域評価

追跡評価・調査

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望