スローライト構造体を利用した非機械式ハイレゾ光レーダーの開発

研究開発課題の概要

研究代表者

馬場 俊彦

馬場 俊彦

(横浜国立大学 大学院工学研究院 教授)

プログラムマネージャー

小林 功郎

小林 功郎

(科学技術振興機構 ACCELプログラムマネージャー)

研究開発概要

CRESTでは、フォトニック結晶注1)を用いたスローライト技術注2)の研究開発を進め、スローライトの基本理論の開拓と基本動作の原理実証を行い、超小型の分散補償器、光相関器、ビーム掃引器など数々の機能素子を開発するなど、世界をリードする研究成果を挙げています。
ACCELでは、スローライト技術の応用として機械的に動く部分がない高分解能(ハイレゾ)な光偏向器注3)を開発し、それをコア技術とするモジュールを試作し、光レーダーに必要な機能や性能を実証します。ロボットや自動車などの3次元空間認識など、今後、技術的な進展や市場の拡大が期待される光レーダー分野において、超小型、高分解能、耐振動性、コスト競争力など、優れた特長を持つ光レーダーの実用化を目指します。さらに、本研究開発で蓄積された光関連の設計・製造技術は、光産業を中心に大きな社会変革につながることが期待されます。

h28_03

<目指すビジョンの図> 

注1)フォトニック結晶
光の半波長程度の微細で周期的なナノ構造を持つ結晶であり、半導体技術などで作られる。その構造と波としての光の性質との関係を利用することで光のふるまいを制御できる。

注2)スローライト技術
光のエネルギーが進む速度を光の速度に比べてはるかに遅くする技術。この技術によりスキャン、変調、スイッチ、同期など色々な光機能を従来技術よりもはるかに高性能に実現できる。

注3)光偏向器
光の出射方向を変化させる装置で主に周辺を観察するスキャナーとして利用される。一般的に回転する鏡を利用するなど機械式が多い。

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ERATO
  • ACCEL
  • ACT-C
  • 国際化強化支援
  • ALCA
  • RISTEX
  • ACT-I
  • 戦略的イノベーション創出推進プログラム
  • 先端計測分析技術・機器開発プログラム
終了したプログラム
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • 研究成果
  • JST オープンアクセス方針
  • ご意見・ご要望