ダイヤモンド電極の物質科学と応用展開

研究開発課題の概要

pdf_image youtube_image
パンフレットPDF
(約1.0MB)
研究紹介動画
(約1分30秒)

研究代表者

栄長 泰明

栄長 泰明

(慶應義塾大学 理工学部 教授)

1994年 東京大学理学部化学科卒業
1999年 東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻博士課程修了(博士(工学) 取得)
1999年 東京大学大学院工学系研究科 助手
2001年 慶應義塾大学理工学部 講師
2003年 慶應義塾大学理工学部 助教授(2007年准教授)
2011年 慶應義塾大学理工学部 教授

プログラムマネージャー

塚原 信彦

塚原 信彦

(科学技術振興機構 ACCELプログラムマネージャー)

1979年 早稲田大学大学院理工学研究科 修了
1979年 ソニー株式会社入社
2012年 慶應義塾大学 技術移転マネージャー
2014年 ACCELプログラムマネージャー

研究開発概要

CRESTでは、レアメタルフリーの導電性ダイヤモンドを用いて、電気化学電極として基礎的な物性や機能を明らかにし、センサーだけでなく有機合成やCO2を用いた有用物質の創製などさまざまな展開先への有用性を示してきました。
ACCELでは、ダイヤモンド電極の設計指針を確立するとともに、ダイヤモンド電極の性能を最大限生かしたアプリケーションの探索、市場・競合調査を早期より実施し、応用用途に対する有効性の実証ならびに最適なシステム構築の実現を目指します。
研究開発の推進にあたっては、ユーザーからのニーズを積極的に取り込み、ダイヤモンド電極がさまざまな応用展開に資する基盤技術として構築されることを目指します。

h26_02

<目指すビジョンの図> 

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • 契約関連資料
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望