公募情報

平成26年度「次世代がん研究シーズ戦略的育成プログラム」に関する課題の公募について

公募受付期間:
平成26年6月19日(木曜日)〜平成26年7月10日(木曜日)正午必着
公募分野:
「次世代がん研究シーズ戦略的育成プログラム」

平成26年6月19日
文部科学省 研究振興局
研究振興戦略官付

文部科学省では、次世代のがん医療の確立に向けて、基礎研究の有望な成果を厳選し、日本発の革新的な診断・治療薬に資する新規化合物等の「有望シーズ」の開発を戦略的に推進するため、平成23年度から「次世代がん研究シーズ戦略的育成プログラム」を実施しています。

平成26年度において、以下のとおり新規課題の公募を実施します。

公募の概要

1 公募対象

(1)研究支援基盤
①ゲノム支援基盤
②有望な創薬シーズの効果的な導出に向けたDDS技術支援
③効率的がん治療薬の薬物動態・DDS開発支援プラットフォーム

(2)革新的がん医療シーズ育成領域
【各研究分野】
①がん幹細胞を標的とした根治療法の実現
②がん微小環境を標的とした革新的治療法の実現
③がん染色体・分裂期チェックポイントを標的とした治療法の確立
④がんエピゲノム異常を標的とした治療・診断法の開発
⑤がん関連遺伝子産物の転写後発現調節を標的とした治療法の開発
⑥免疫機構をターゲットとした創薬(新規研究分野)
⑦転写機能をターゲットとした創薬(新規研究分野)

(3)がん臨床シーズ育成領域
【各研究分野】
①創薬コンセプトに基づく戦略的治療デザインの確立
②分子プロファイリングによる新規標的同定を通じた難治がん治療法開発
③チロシンキナーゼ(TK)阻害剤による有効ながん治療の実用化
④早期診断マルチバイオマーカー開発
⑤効果的な複合免疫療法の開発
⑥家族性がん(新規研究分野)
⑦希少がん・小児がん(新規研究分野)

(4)創薬基盤融合技術育成領域(新規研究領域)
【各研究分野】
①DDS技術
②分子イメージング技術
③iPS/アニマルモデル

2 今後の予定

・6月19日(木曜日)
公募開始
・7月10日(木曜日)
公募締切り
・7月中旬(予定)
第1次審査(研究計画提案書評価)
・7月下旬(予定)
第2次審査(採択課題候補選考)
・8月上旬(予定)
採択課題の決定、採択通知及び(必要に応じて)研究計画提案書修正依頼、若しくは不採択通知
・8月中旬(予定)
(必要に応じて)研究計画提案書再提出
・9月中(予定)
委託契約、事業開始
※ 審査の状況によっては、変動する場合があります。また、採択後、委託契約の手続に際し、不備等がある場合には、事業開始時期が遅れることがあります。

3 公募要領・応募書類様式等

公募要領:(PDF:697KB)
○応募書類様式
  • 応募書類様式A:(word:209KBPDF:438KB
    ・・・研究支援基盤
  • 応募書類様式B〜F:(word:213KBPDF:437KB
    ・・・革新的がん医療シーズ育成領域、がん臨床シーズ育成領域及び創薬基盤融合技術育成領域
○研究計画提案書等の記載要領

<事業に関するお問合せ>

文部科学省 研究振興局 研究振興戦略官付
 担当:田中、高市
 TEL:03-6734-4369(直通) FAX:03-6734-4383
 E-mail:事業に関するお問い合わせ

<書類作成・提出に関するお問合せ>

独立行政法人科学技術振興機構 科学技術プログラム推進部 研究振興事業グループ
 担当:松永、森田、橋本、青山、小松
 TEL:03-5214-7990(代表) FAX:03-5214-8246
 E-mail: 書類作成・提出に関するお問い合わせ