科学技術振興機構ホーム 研究振興支援業務室HOME

公募情報

文部科学省・経済産業省・NEDO技術開発機構「橋渡し研究推進合同事業」の公募について

2009年7月21日公募締め切りました。
公募期間: 2009年6月19日(金)〜2009年7月21日(火)17時必着
公募分野: 橋渡し研究支援推進プログラム

平成21年6月19日


 先端的な医療を実用化・産業化し、国民への迅速な提供に繋げるため、橋渡し研究のより一層の加速を目的として、文部科学省、経済産業省及びNEDO技術開発機構が連携し、大学・研究機関等でシーズを温める段階から企業が主導して事業化を進める段階まで、切れ目のない広範な支援の実現と、臨床研究機関の拠点化の促進や機能の充実を通じた我が国の臨床研究基盤の強化につなげるべく、共同で行う研究課題の公募についてご案内いたします。


1.公募概要
今年度の事業において公募を行うプログラムの概要は下記のとおりとなっております。それぞれのプログラムにおける主な応募条件は「平成21年度公募要領(共通部分)」に記載しておりますのでご参照ください。

(1)橋渡し研究支援推進プログラム(文部科学省)
大学・研究機関主導による課題に絞り、先端医療開発特区(以下、「スーパー特区」という。)の課題に限定した「スーパー特区研究」及びそれ以外の課題を対象にした「拠点活用研究A」「拠点活用研究B」の3つの区分で募集を行います。本プログラムの目標は、ヒトでのPOC(Proof of Concept)を取得し、事業化を進める企業と本格的な連携が始まることにあります。
(2)基礎研究から臨床研究への橋渡し促進技術開発/橋渡し促進技術開発(経済産業省、NEDO技術開発機構)
スーパー特区で採択されている課題をより一層加速させるために必要となる追加事項について、「橋渡し研究」及び「レギュラトリーサイエンス支援のための実証研究」の2つの研究開発フェーズを対象として募集を行います。本プログラムの目標は、委託事業終了から2年後を目処に、「橋渡し研究」では臨床研究(治験)に入ること、「レギュラトリーサイエンス支援のための実証研究」では評価技術として確立できる段階に至ることにあります。

2.公募の受付期間

平成21年6月19日(金)〜平成21年7月21日(火)17時必着

3.公募要領

(1)橋渡し研究支援推進プログラム(文部科学省)
平成21年度公募要領(文科省部分)、提案書様式(文科省)を参照

(2)基礎研究から臨床研究への橋渡し促進技術開発/橋渡し促進技術開発(経済産業省、NEDO技術開発機構)
NEDOのホームページを参照

平成21年度公募要領(共通部分) (PDF:257KB
平成21年度公募要領(文科省部分) (PDF:521KB
提案書様式(文科省) (PDF:423KB) (WORD:315KB
「基礎研究から臨床研究への橋渡し促進技術開発/橋渡し促進技術開発(経済産業省、NEDO技術開発機構)」公募のご案内


<お問い合わせ先>
○文部科学省研究振興局研究振興戦略官付
 須藤・田尻・山中
 ファクシミリ番号:03-6734-4383
 メールアドレス:
○NEDO技術開発機構バイオテクノロジー・医療技術開発部
 佐野・林・古川
 ファクシミリ番号:044-520-5233
 メールアドレス:

<申請書類の提出先及び提出締切り>
○提出先
 科学技術振興機構 研究振興支援業務室
 郵送、宅配便等による送付:
 〒102-0073 東京都千代田区九段北4−1−7 九段センタービル6階
 科学技術振興機構 研究振興支援業務室
 「橋渡し研究支援推進プログラム(橋渡し加速研究)」係
○提出締切り
 平成21年7月21日(火曜日)(17時必着)
 ※期限を過ぎた場合には受理できないので注意してください。