科学技術振興機構ホーム 研究振興支援業務室HOME

公募情報

平成20年度 「個人の遺伝情報に応じた医療の実現プロジェクト(第2期)」に関する「疾患関連遺伝子研究」および「先端医科学に関する倫理的・法的・社会的課題についての調査研究」実施機関の募集について

2008年9月22日公募締め切りました。
公募期間: 2008年9月1日(月)〜2008年9月22日(月) 17時必着
公募分野: 「疾患関連遺伝子研究」および「先端医科学研究に関する倫理的・法的・社会的課題についての調査研究」


 文部科学省は、第3期「科学技術基本計画」(平成18年3月28日閣議決定)に基づき総合科学技術会議が策定した、ライフサイエンス分野の戦略重点科学技術の一つとして、平成15年度から「個人の遺伝情報に応じた医療の実現プロジェクト(第1期)」を実施しました。
 第1期プロジェクトでは、対象とする生活習慣病等の疾患について、66の協力医療機関にメディカル・コーディネーターを設置して、インフォームド・コンセントを行った上で、DNA等試料・臨床情報を収集し、国立大学法人東京大学医科学研究所に設置したバイオバンクジャパンに、30万症例のDNA等試料・臨床情報を収集しました。これらの収集された試料を用いて、独立行政法人理化学研究所横浜研究所ゲノム医科学研究センターがSNP(一塩基多型;個人ごとの塩基配列の違い)タイピング、及び解析を実施してきました。またELSI(倫理的・法的・社会的問題)委員会を設置し、プロジェクトが関係指針に則って適切に運営されているかの確認・助言を行ってきました。
 これまでの成果を活かして、引き続き遺伝情報を基にした個人個人にあった予防・治療を可能とする医療(オーダーメイド医療)を実現するために、平成20年度より「個人の遺伝情報に応じた医療の実現プロジェクト(第2期)」を開始したところであり、今回は、「疾患関連遺伝子研究」および「先端医科学研究に関する倫理的・法的・社会的課題についての調査研究」を実施する機関の公募を開始しました。


公募の概要
1.公募内容
 「個人の遺伝情報に応じた医療の実現プロジェクト(第2期)」においては、遺伝情報を基にした個人個人にあった予防・治療を可能とする医療(オーダーメイド医療)を実現するために、第1期で構築したデータおよび資源を円滑に最大限活用するため、バイオバンクの安定的な維持・運営を図り、疾患関連遺伝子研究を推進していくこととしており、66の協力医療機関を通じた協力者のフォローアップ、バイオバンクの維持・運営、SNPタイピング・解析については、第1期と同等の体制で開始されているところです。
 今回は、第2期のプロジェクトをさらに推進するため、「疾患関連遺伝子研究」および「先端医科学研究に関する倫理的・法的・社会的課題についての調査研究」について公募をいたします。
 (1)「疾患関連遺伝子研究」
 第2期プロジェクト終了時までの5年間に、主なバイオバンク収集疾患についての、疾患関連遺伝子の特定を達成し、順次、関連SNPの医療応用を行うことを目標として、第1期プロジェクトで収集されたDNA等の試料及びSNPタイピング結果を用いて、疾患に対する実地の臨床を行い、かつ当該分野のゲノム・遺伝子研究に優れた大学・医療機関等の複数の研究機関が、SNP解析研究に高い能力を有する独立行政法人理化学研究所横浜研究所ゲノム医科学研究センターと共同することにより、ゲノム網羅的解析法による疾患関連遺伝子研究を効率的、効果的に実施するため、連携研究機関を公募いたします。
 平成20年度は、国民の健康に特に大きな影響を与える、「がん関連疾患領域」及び「メタボリック・シンドローム関連疾患領域」の2疾患領域について、次の疾患を対象に公募します。
①「がん関連疾患領域」: 肺がん、胃がん、大腸・直腸がん、前立腺がん、乳がん
②「メタボリック・シンドローム関連疾患領域」: 高脂血症、糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞(狭心症含む)、閉塞性動脈硬化症
  (2)「先端医科学研究に関する倫理的・法的・社会的課題についての調査研究」
 第1期と同様に、学識経験者等からなるELSI委員会を設置・運営し、プロジェクトの倫理的・法的・社会的課題についての適正な運営の確認・助言に加え、ゲノム・遺伝子研究の実施に関わる諸問題のプロジェクトに対する助言、社会に対する情報発信、オーダーメイド医療実現に向けて検討すべき諸問題の調査研究を行うため、研究機関を公募いたします。

 尚、国内の企業、大学あるいは独立行政法人等の研究機関に所属する研究者を対象とします。国からの円滑な委託事務処理が困難な研究者個人は対象となりません。


2.公募要領・申請様式
公募要領 PDF:366KB
申請様式 「疾患関連遺伝子研究」用(word:195KB
「先端医科学研究に関する倫理的・法的・社会的課題についての調査研究」用(word:177KB
   ※「提出書類チェックシート」付きの様式を掲載致しました。(9月2日17時)
   ★ e−Radでの申請において、申請様式のファイルのアップロードは不要です。
      応募情報の登録のみ行ってください。(9月18日14時)

問い合わせ先
<制度に関するお問い合わせ先>
 文部科学省 研究振興局 研究振興戦略官付
 担当:大塚・須藤
 TEL:03-6734-4369 (直通)
 E-mail:

<研究内容に関するお問い合わせ先>
 独立行政法人 理化学研究所 横浜研究所
 担当:ゲノム医科学研究センター 疾患関連遺伝子研究グループ
     グループディレクター 田中 敏博
 E-mail:
※問い合わせ等は、E-mailでのみ受付いたします。

<書類作成・提出に関するお問い合わせ先>
 独立行政法人 科学技術振興機構 研究振興支援業務室
 担当:青山(疾患関連遺伝子研究)
     藤吉(先端医科学研究に関する倫理的・法的・社会的課題についての調査研究)
 TEL:03-5214-7990(代表)
 E-mail: