科学技術振興機構ホーム 研究振興支援業務室HOME

公募情報

平成19年度「X線自由電子レーザー利用推進研究課題」の公募について

2007年3月30日公募締め切りました。
公募期間: 2007年2月28日〜2007年3月30日
公募分野: X線自由電子レーザー利用推進研究課題

1.概要
X線自由電子レーザー装置は、ライフサイエンスやナノテクノロジー・材料分野をはじめとする幅広い科学技術分野において、基礎研究から産業界や国民の生活の向上に役立つ革新的な成果を諸外国に先駆けて創出することが期待されている、国家基幹技術として位置付けられた研究基盤です。
このX線自由電子レーザーは、短い波長・パルスで大型放射光施設SPring-8の10億倍の輝度を持つ強力な光によって高干渉性X線を実現し、この優れた特徴を生かすことによって、原子レベルの超微細構造、化学反応などの超高速動態・変化を瞬時に計測・分析するなど、科学技術に新たなブレークスルーをもたらすとともに、革新的な利用研究を通じて様々な分野において新たな知の創出に貢献することが期待されています。
本事業は、このように様々な分野に応用可能なX線自由電子レーザーの利用方法について研究するものであり、光科学のみならず、ライフサイエンスやナノテクノロジー・材料分野、計算機科学など、幅広い分野からの応募を期待します。

2.提案にあたって
利用推進研究は、X線自由電子レーザー装置の完成後、直ちに実施する利用研究としてどのようなものが適当かを想定した上で、その利用研究を実施するために必要となる技術等の研究開発を行うものです。このため、提案にあたっては、1利用推進研究によって実現しようとする利用研究の内容及び当該利用研究による波及効果を示し、2当該利用研究を実現するための技術的な問題を明らかにしたうえで、3そのための利用推進研究の計画、目標、内容等を具体的に示していただく必要があります。

3.公募の対象
利用推進研究課題を対象とします。実施体制については、研究代表者がチームを組んで研究開発を行うチーム型研究と、個人研究者が研究開発を行う個人型研究に分類されます。

4.スケジュール
平成19年
 ・2月28日(水)公募開始
 ・3月30日(金)公募締切
 ・4月中旬〜5月上旬(予定)審査
 ・5月中旬(予定)委託契約、事業開始

5.公募要領・様式
公募要領(PDF:131KB)
様式(Word:170KB) (PDF:40KB)

<制度に関する問い合わせ>
 文部科学省研究振興局基礎基盤研究課 量子放射線研究推進室 公募担当
  〒100-8959 東京都千代田区丸の内2−5−1
  電話:03−5253−4111(代表) 03−6734−4116(直通)
  E-mail:
  文部科学省へのリンク

<書類作成・提出に関する問い合わせ>
 独立行政法人 科学技術振興機構 キーテクノロジー研究開発業務室
  〒102-0073 東京都千代田区九段北4−1−7 九段センタービル6F
  TEL:03−5214−7990
  問い合わせ用窓口: