ニュース

2014年4月

  • 2014年4月30日

    • 企業活動
    株式会社ニッピは、神戸・ポートアイランドの国際医療開発センター(IMDA)に、ES細胞・iPS細胞をはじめとする多能性幹細胞や様々な種類の細胞に使用できる培地基質の開発を行う新たな拠点を設置した。
  • 2014年4月30日

    • 基礎研究
    慶應義塾大学の岡野栄之教授らの研究グループは、iPS細胞技術を用いて、ペリツェウス-メルツバッハー病の病態メカニズム解明に成功したと発表した。他の小児神経難病の病態解明にもつながる成果と期待される。
  • 2014年4月28日

    • 企業活動
    ニプロ株式会社は、札幌医科大学と同大学の「脳梗塞及び脊髄損傷の治療に用いる自己骨髄間葉系幹細胞」の特許について、ライセンス契約を締結したと発表した。
  • 2014年4月28日

    • その他
    京都大学iPS細胞研究所(CiRA)は、2000年に山中伸弥教授と共同研究者によりThe EMBO Journalに掲載された論文について調査を行い、結果を公表した。
  • 2014年4月25日

    • 基礎研究
    京都大学物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)の中辻憲夫設立拠点長らの研究グループは日産化学工業株式会社と共同で、ヒト多能性幹細胞(ES/iPS 細胞)の新たな三次元培養法を開発したと発表した。大量培養・大規模生産を可能にすると期待される。
  • 2014年4月24日

    • 企業活動
    株式会社日立ハイテクノロジーズは、バイオ・ヘルスケア事業を拡大し、新たに再生医療向けに細胞観察・計測・培養装置の開発を進め、事業化を目指すと発表した。
  • 2014年4月24日

    • 基礎研究
    総合科学技術・イノベーション会議は、これまで基礎的研究利用のみとして来たヒトES細胞について、臨床利用まで範囲を拡大するとの考えを示した。
  • 2014年4月24日

    • 基礎研究
    京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の高橋和利講師らの研究グループは、ヒトの体細胞が初期化される過程で、哺乳類の胚発生過程の多能性細胞に現れる溝構造(原条)に似た状況を経て初期化されることを明らかにしたと発表した。
  • 2014年4月23日

    • 基礎研究
    東京医科歯科大学の田賀哲也教授と信久幾夫准教授らの研究グループは、胎生期の造血幹細胞の維持に関与する転写因子Sox17を発見したと発表した。
  • 2014年4月21日

    • 企業活動
    株式会社資生堂は、今年5月に毛髪再生医療の研究開発拠点として、「資生堂細胞加工培養センター」を神戸医療産業都市に開設すると発表した。
  • 2014年4月18日

    • 基礎研究
    熊本大学の白木伸明助教と粂昭苑教授の研究グループは、ヒトES/iPS細胞の未分化能維持と分化におけるメチオニン代謝の役割を解明したと発表した。ヒトES/iPS細胞を利用した創薬研究および再生医療に役立つ成果と期待される。
  • 2014年4月16日

    • 政府動向
    田村憲久厚生労働大臣は、平成26年度第5回経済財政諮問会議及び第3回経済財政諮問会議・産業競争力会議合同会議で、保険外併用療養費制度の改革、いわゆる混合診療の導入に向けた制度案について、保険診療との併用が認められる対象を再生医療まで広げる考えを示した。
  • 2014年4月14日

    • 基礎研究
    • 企業活動
    株式会社セルシードは、大日本印刷株式会社と細胞培養器材の製造委託基本契約を締結したと発表した。
  • 2014年4月10日

    • 基礎研究
    米国ウェイク・フォレスト大学再生医療研究所のアンソニー・アタラ博士らの研究グループは、先天性の膣欠損症(MRKH)患者に、患者自身の組織を培養して移植することで、正常な機能を持った膣が再生れたと発表した。
  • 2014年4月10日

    • 基礎研究
    京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の島本廉研究員と沖田圭介講師らの研究グループは、iPS細胞誘導に重要な役割を担うDNAの脱メチル化に、脱アミノ化酵素であるAidが必須ではないことを明らかにしたと発表した。
  • 2014年4月3日

    • 企業活動
    株式会社リプロセルは、連結子会社でありES/iPS細胞の培養試薬などの販売や技術支援を行っている ReproCELL USA.,Inc の増資を引き受けることを決定したと発表した。
  • 2014年4月2日

    • 企業活動
    大日本住友製薬株式会社は、「再生・細胞医薬事業推進室」傘下の 2つの研究グループの本拠地として、兵庫県神戸市のポートアイランド内にある神戸医療産業都市に研究拠点「神戸再生・細胞医薬センター」を開設し、稼働したと発表した。
  • 2014年4月1日

    • その他
    大阪府は、有望な研究・技術シーズをもつバイオベンチャーや中小企業のiPS細胞に関連する医薬品等の事業化を助成するおおさか地域創造ファンド「医薬品・医療機器・iPS細胞(再生医療・創薬等)」の平成26年度助成金の申請受付を開始した。申請締切は5月8日。
  • 2014年4月1日

    • その他
    理化学研究所は、STAP細胞に関わる研究論文の疑義に関して、「研究論文の疑義に関する調査委員会」の最終調査報告書を公開した。

関連動画

動画一覧を見る

ページトップに戻る

おすすめ動画

関連動画

  • 文部科学省
  • 科学技術振興機構
ページトップに戻る