ニュース

2013年11月

  • 2013年11月25日

    • 企業活動
    ローツェ株式会社は、効率的にiPS細胞等の細胞の自動培養を実現するためのソフトウェア「AsuRa(アシュラ)」を開発、同社の関連会社であるアイエス・テクノロジー・ジャパン株式会社が販売を始めた。
  • 2013年11月20日

    • 政府動向
    「薬事法等の一部を改正する法律案」と「再生医療等の安全性の確保等に関する法律案」が参議院本会議で可決、成立した。
  • 2013年11月19日

    • 基礎研究
    京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の大貫茉里研究員、高橋和利講師らの研究グループは、神戸大学の青井三千代助教と共同で、神経細胞へと誘導した際に奇形種を形成するなど品質が悪いiPS細胞株が存在し、その細胞株で働く特徴的な遺伝子を明らかにした。
  • 2013年11月5日

    • 政府動向
    「薬事法等の一部を改正する法律案」と「再生医療等の安全性の確保等に関する法律案」が衆議院本会議で可決された。
  • 2013年11月5日

    • 企業活動
    • その他
    株式会社Preferred Infrastructure(PFI)と京都大学iPS細胞研究所(CiRA)は、2013年10月29日に機能性配列の探索や細胞選別のための機械学習などの初期化メカニズムの解明に関する研究や、次世代シーケンサーから得られたビックデータの解析における大規模機械学習技術等の応用に関して、共同研究契約を締結したと発表した。
  • 2013年11月1日

    • その他
    京都大学の影山龍一郎教授らの研究グループは、光の照射によってマウスの神経幹細胞の自己複製や分化誘導を人工的に制御する技術を開発したと発表した。脳損傷や神経変性疾患に対する再生医療研究への応用が期待される。

関連動画

動画一覧を見る

ページトップに戻る

おすすめ動画

関連動画

  • 文部科学省
  • 科学技術振興機構
ページトップに戻る