ニュース

2011年9月

  • 2011年9月28日

    • 政府動向
    総合科学技術会議の生命倫理専門調査会の第63回会合で、ES細胞等から生殖細胞を作製する研究について議論した。
  • 2011年9月27日

    • 基礎研究
    慶應義塾大学の岡野栄之教授らは、京都大学の山中伸弥教授らと共同で、ヒトiPS細胞から神経幹細胞を分化誘導し、免疫不全マウス脊髄損傷モデルに移植、良好な運動機能の回復に成功した。
  • 2012年9月20日

    • 政府動向
    文部科学省は、オールジャパン体制で世界に先駆けて再生医療を実現するため再生医療実現拠点ネットワークプログラムを平成25年度の概算要求に計上した。
  • 2011年9月9日

    • 基礎研究
    慶應義塾大学の鈴木則宏教授らの研究グループは、アルツハイマー病患者の皮膚細胞から、iPS細胞を作成するに成功した。このiPS細胞から神経細胞を誘導し、アルツハイマー病由来の細胞がβアミロイドの産出を抑制する薬剤に鋭敏に反応することがわかった。新規治療薬開発につながると期待される。
  • 2011年9月2日

    • 基礎研究
    慶應義塾大学の佐藤俊朗特任講師、オランダHubrecht研究所、スペインIRBの研究グループは、世界で初めてヒト腸管上皮幹細胞の長期間大量培養に成功した。

関連動画

動画一覧を見る

ページトップに戻る

おすすめ動画

関連動画

  • 文部科学省
  • 科学技術振興機構
ページトップに戻る