戦略的創造研究推進事業
さきがけ

研究統括 西川 伸一

「iPS細胞と生命機能」研究領域
戦略的創造研究推進事業のプログラムである「さきがけ」は、 CRESTと同様に戦略的重点化した分野において、個人研究者が課題解決型基礎研究を推進するという、未来のイノベーションの芽を育む研究制度です。研究総括と領域アドバイザーの下、同じ研究領域に集まった研究者と交流・触発しながら3年間または5年間研究に取り組んでいます。「さきがけ牧場」とも呼ばれ、ユニークなイノベーション・ヒューマンネットワークが形成されています。
本研究領域は、iPS細胞を樹立する技術によって大きなブレークスルーがもたらされると考えられる分野、すなわち、細胞のリプログラミング、分化転換、幹細胞生物学などを対象とします。これまでにはない自由で創意に満ちた発想による基礎研究とともに、医療などに将来貢献できる基礎研究も対象とします。
具体的には、1)リプログラム機構の分子レベルでの解析に基づくリプログラミング技術の高度化・簡便化、2)幹細胞分化転換過程の解析と人的調節、3 )iPS細胞を用いたエピジェネティック過程の分子機構解析、4)iPS細胞を駆使する疾患発症機構の解析、5)ヒト疾患モデルの構築などの研究が含まれます。

トピックス成果紹介

「iPS細胞出現を捉えた」

(荒木研究者:Stem Cells 28 213-220, 2010)

「iPS細胞出現を捉えた」(荒木研究者:Stem Cells 28 213-220, 2010)

安全なiPS細胞の効率的樹立に貢献するため、iPS細胞の形成機構の理解を目指しています。4因子を加えた後の20万個以上のマウス体細胞における、7.5分間隔、2週間の全記録を解析することにより、体細胞からiPS細胞への変化の時期・その動態について詳細な情報を得ることに成功しました。この成果を遺伝子レベルでの解析につなげていきます。

「ウサギiPS細胞で再生医療へ繋げる」

(本多研究者:J.Biol.Chem. 285 31362-31369, 2010)

「ウサギiPS細胞で再生医療へ繋げる」(本多研究者:J.Biol.Chem. 285 31362-31369, 2010)

実験動物として古い歴史を誇るウサギは、小型で非常に扱いやすく、倫理的にヒトでは困難なiPS細胞の移植実験やキメラ作製実験を行うことが可能です。樹立に成功したウサギiPS細胞は、細胞コロニーの形態や細胞維持に必要な因子などから、ヒトiPS細胞が示す「ヒト型」であることが確認できました。ウサギのiPS細胞を用いた再生医療モデルを充実させ、より安全で確実な再生医療の実現を目指します。

領域アドバイザー

氏名 所属 役職
石野 史敏 東京医科歯科大学難治疾患研究所 教授
岡野 栄之 慶應義塾大学医学部 教授
相賀 裕美子 情報・システム研究機構国立遺伝学研究所 教授
中内 啓光 東京大学医科学研究所幹細胞治療研究センター センター長/教授
丹羽 仁史 理化学研究所発生・再生科学総合研究センター プロジェクトリーダー
花園  豊 自治医科大学分子病態治療研究センター 教授
春山 英幸 第一三共RDアソシエ株式会社 代表取締役社長

実施体制

研究課題一覧

第1期生

個人研究者(所属) 研究題目 キーワード
荒木 良子
放射線医学総合研究所 先端遺伝子発現研究グループ チームリーダー
iPS法と核移植法の比較による初期化機構の解明 iPS細胞の基盤研究、遺伝子解析
長船 健二
京都大学iPS細胞研究所 准教授
多発性嚢胞腎患者由来のiPS細胞を用いた病態解析
iPS細胞の医療応用研究、腎疾患
岸上 哲士
近畿大学生物理工学部 准教授
体細胞核移植におけるリプログラミング促進技術の開発 iPS細胞の基盤技術研究、核移植
佐々木 えりか
(財)実験動物中央研究所 応用発生学研究部 部長
iPS細胞を用いたヒト疾患モデルマーモセット作製法の確立 iPS細胞の基盤技術研究、モデル動物
鈴木 淳史
九州大学生体防御医学研究所 特任准教授
肝細胞分化関連遺伝子の導入による皮膚細胞からの肝細胞作製技術 iPS細胞の基盤研究、再生医学、分化転換
清野 研一郎
北海道大学遺伝子病制御研究所 教授
細胞リプログラミング技術を用いた免疫細胞再生医療の開発 iPS細胞の医療応用研究、細胞免疫
富澤 一仁
熊本大学大学院生命科学研究部 教授
蛋白質導入法によるiPS細胞作製技術開発 iPS細胞の基盤技術研究、蛋白質
升井 伸治
国立国際医療研究センター 細胞組織再生医学研究部 室長
任意細胞の樹立法開発 iPS細胞の基盤研究、再生医学、分化転換
松田 修
京都府立医科大学大学院医学研究科 教授
非ウイルス的手段によるiPS誘導法の確立 iPS細胞の基盤技術研究、遺伝子、エピゾーマルベクター
山田 泰広
京都大学iPS細胞研究所 特定拠点教授
リプログラミングによるがん細胞エピジェネティック異常の起源解明とその臨床応用 iPS細胞の医療応用研究、エピジェネティックス

第2期生

個人研究者(所属) 研究題目 キーワード
依馬 正次
筑波大学大学院人間総合科学研究科 講師
Klfファミリーによる幹細胞機能制御の分子機構 iPS細胞の基盤研究、幹細胞
大日向 康秀
科学技術振興機構 さきがけ研究者/理化学研究所発生・再生科学総合研究センター 客員研究員
始原生殖細胞形成機構とiPS誘導機構の統一原理 iPS細胞の基盤研究、生殖細胞
片岡 宏
科学技術振興機構 さきがけ研究者/理化学研究所発生・再生科学総合研究センター 客員研究員
iPS技術による血液、血管内皮細胞の誘導 iPS細胞の医療応用研究、血液・内皮、分化誘導
栗崎 晃
産業技術総合研究所 幹細胞工学研究センターチーム長
リプログラミングを制御するクロマチン因子の作用機序の解明 iPS細胞の基盤研究、エピジェネティックス、蛋白質
佐藤 伸
岡山大学異分野融合先端研究コア 助教
細胞リプログラミングの段階的制御 iPS細胞の基盤研究、分化転換
永松 剛
慶應義塾大学医学部 助教
生殖細胞の特性に基づく新しいリプログラミング手法の開発 iPS細胞の基盤研究、生殖細胞
房木 ノエミ
ディナベック(株)細胞治療・再生医療ユニットリーダー
センダイウイルスベクターを用いた安全なiPS細胞作製と分化誘導 iPS細胞の基盤技術研究、iPS細胞の品質、ウイルスベクター
堀江 恭二
大阪大学大学院医学系研究科 准教授
順遺伝学によるiPS細胞生成機構の解析 iPS細胞の基盤研究、遺伝学
本多 新
科学技術振興機構 さきがけ研究者/理化学研究所遺伝工学基盤技術室 客員研究員
ウサギを用いたiPS細胞総合(完結型)評価系の確立 iPS細胞の基盤技術研究、モデル動物
李 知英
東京医科歯科大学歯と骨のGCOE拠点 GCOE特任講師
細胞周期操作による新規卵原幹細胞の樹立 iPS細胞の医療応用研究、再生医学、生殖幹細胞
渡部 徹郎
東京大学大学院医学系研究科 准教授
リプログラミング技術を用いた遺伝性血管疾患の新規治療標的の同定 iPS細胞の医療応用研究、遺伝病、疾患原因遺伝子

第3期生

個人研究者(所属) 研究題目 キーワード
北畠 康司
大阪大学医学部附属病院 総合周産期母子医療センター 特任助教
染色体異常症候群における合併症の発症メカニズムの解明 iPS細胞の医療応用研究、小児疾患、ダウン症候群
下島 圭子
科学技術振興機構 さきがけ研究者/東京女子医科大学統合医科学研究所 特任助教
疾患iPS細胞を用いた大脳皮質構造形成メカニズムの解明 iPS細胞の医療応用研究、遺伝病、脳神経疾患
高島 康弘
University of Cambridge, Wellcome Trust Centre for Stem Cell Research, Research Associate
純然たるヒトiPS/ES細胞の樹立、維持および増殖機構の解析 iPS細胞の基盤研究、iPS細胞の品質
竹内 純
東京大学分子細胞生物学研究所 准教授
心臓細胞未分化性とクロマチン結合因子群 iPS細胞の医療応用研究、心幹細胞、分化転換
伊達 英俊
東京大学医学部附属病院 神経内科 特任助教
連鎖解析とiPS/ES技術を用いた遺伝性疾患遺伝子同定法の開発 iPS細胞の医療応用研究、遺伝病、脳神経筋疾患
堀田 秋津
京都大学iPS細胞研究所 特定拠点助教
人為的核内環境制御による高品質iPS細胞の誘導 iPS細胞の基盤研究、iPS細胞の品質、エピジェネティックス
武藤 太郎
科学技術振興機構 さきがけ研究者/理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター 客員研究員
実験人類遺伝学の確立 iPS細胞の医療応用研究、遺伝病、疾患原因遺伝子
八木田 和弘
京都府立医科大学大学院医学研究科 教授
リプログラミング技術で解く細胞分化と時計機構の関係 iPS細胞を利用した基礎医学研究、生物時計
渡邉 朋信
理化学研究所 生命システム研究センター チームリーダー
分化・発生を理解する多次元定量計測技術の基盤開発 iPS細胞の基盤技術研究、顕微鏡、定量計測

関連動画

動画一覧を見る

ページトップに戻る

おすすめ動画

関連動画

  • 文部科学省
  • 科学技術振興機構
ページトップに戻る