戦略的創造研究推進事業
山中iPS細胞特別プロジェクト

研究統括 山中 伸弥

世界標準となるヒトiPS細胞樹立技術の完成と実用化を目指して

私たちはマウスの線維芽細胞に4因子(Oct3/4, Sox2, Klf4,c-Myc)をレトロウイルスベクターで導入することによりマウスES細胞に類似した人工多能性幹細胞(induced Pluripotent Stem cell;iPS細胞)を作出することに成功しました。さらに、同じ4因子を用いて成人皮膚由来の線維芽細胞からヒトES細胞に類似したiPS細胞を樹立することに成功しました。
ヒトES細胞ではヒト胚を利用するため生命の萌芽である胚を破壊するという倫理的問題や移植後の拒絶反応という問題があり慎重な運用が求められますが、ヒトiPS細胞はこれらの懸念がなく細胞移植療法の資源として期待されます。また、ヒトiPS細胞は薬剤の安全性評価などに利用できるなど様々な方面での応用が期待されます。一方、遺伝性あるいは原因不明の難治性疾患に悩まされている患者さんは少なくありません。私たちはiPS細胞技術を応用してこれらの患者さん由来の疾患特異的iPS細胞を樹立し、今までは入手困難であった組織に分化させてin vitro系での病態解明を推進しています。加えて、疾患特異的iPS細胞を用いての薬剤探索研究にも着手しました。新たな治療法や新薬が開発されれば、難病に悩まされている患者さんには福音となると期待されます。
iPS細胞は多方面での応用が期待されますが、真に臨床応用できるまでには解決されなければならない課題も少なくありません。本プロジェクトでは京都大学、産総研、JBic、滋賀医科大学、岐阜大学、自治医科大学と連携しながら、以下のような研究を推進しています。

  • iPS細胞の安全性の検証
  • ヒト疾患特異的iPS細胞を用いた疾患病態解析
  • ヒト疾患特異的iPS細胞を用いての薬剤探索

プロジェクト研究実施場所

京都リサーチパーク(KRP)内にクリーンルームを備えた実験場所を整備。
ここを拠点として、各大学と連携し、研究を進めます。

プロジェクト研究実施場所

主な共同・委託研究先

氏名 所属 役職
山中 伸弥 京都大学 教授
今村 武史 滋賀医科大学 准教授
研究内容:サルiPS細胞の樹立、サルによる安全性評価 他
國貞 隆弘 岐阜大学 教授
研究内容:歯髄幹細胞からのヒトiPS細胞の誘導と因子減少化の検討 他
花園  豊 自治医科大学 教授
研究内容:大型動物によるヒトiPS細胞の安全性評価 他
五島 直樹 産業技術総合研究所 主任研究官
研究内容:核初期化機構に関する新規ヒト遺伝子の探索 他

関連動画

動画一覧を見る

ページトップに戻る

おすすめ動画

関連動画

  • 文部科学省
  • 科学技術振興機構
ページトップに戻る