もっと知るiPS細胞

iPS細胞の課題

2015/3/27更新


Q1 iPS細胞はなぜがん化する可能性があるのでしょうか?どの程度の確率でがん化するのでしょうか?また、それを防ぐ方法はあるのでしょうか?
A1

iPS細胞が腫瘍化するメカニズムは、大きく分けて2つの理由が考えられてきました。1つはiPS細胞から目的の細胞へ分化させる際に分化が不完全で、未分化なiPS細胞が混入することでテラトーマと呼ばれる奇形腫(良性腫瘍)が形成されてしまうリスク。もう一つはiPS細胞を作製する過程や培養する過程でゲノムに傷がつくことで、iPS細胞が腫瘍化してしまう、というリスクです。1つ目については、初期化の質を高める研究、目的細胞への分化効率を高める研究、未分化細胞を除去する研究などが進んでおり、安全性の確保がなされています。2つ目については、作製したiPS細胞ストックのゲノム配列を解析して、ガン化のリスクとして知られている様なゲノム配列の変化が無いかどうかの確認を進めています。

質問一覧に戻る
Q2 iPS細胞から色々な細胞の分化に関する研究は盛んですが、臓器そのものの作製は今後可能になるのでしょうか?
A2

今の段階ではiPS細胞から心筋細胞等の細胞への分化は可能ですが、臓器そのものを体外で作製することはできていません。しかし、「臓器の芽(器官原基)」であれば体外で作製することが可能となっています。このような「臓器の芽」を体内へ移植することによって、「臓器の芽」を機能的な臓器へと育てることができることが解っており、臨床研究の開始に向けた準備が進められています。
また、iPS細胞から動物の体内で三次元の臓器を作製する研究や、拒絶反応の起こらないように遺伝子組み換えを行った異種動物の臓器を移植に使用する研究も進められています。

質問一覧に戻る

関連動画

動画一覧を見る

ページトップに戻る

おすすめ動画

関連動画

  • 文部科学省
  • 科学技術振興機構
ページトップに戻る