戦略的国際科学技術協力推進事業/国際科学技術共同研究推進事業(戦略的国際共同研究プログラム)

国立研究開発法人科学技術振興機構のサイトへ



戦略的国際科学技術協力推進事業


[本文]

表示中のページ
JSTトップ > 戦略的国際科学技術協力推進事業 > 各国との協力 > Belmont Forum

文字サイズ変更

  • 大
  • 中
  • 小

Belmont Forum

(1)目的

ベルモント・フォーラムとは、地球の環境変動に関する研究への支援を行う世界各国のファンディングエージェンシー(研究支援機関)および国際的な科学組織のグループです。国際的共同研究において研究者を結集し研究資金を支援することにより、人類社会の持続可能性を阻む重大な障害を取り除くために必要とされる環境関連の研究を加速、深化させることを目的としています。ベルモント・フォーラムは、地球環境変動分野における研究者の連携を強化し、これら研究について戦略面、優先順位付け、資金支援の面から協調していきます。

Belmont Forumホームページ

(2)共同研究活動(CRA)の実施

ベルモント・フォーラムでは様々な分野において同時並行的に共同研究活動(Collaborative Research Action: CRA)を設定しています。公募に際しては、多国間の(3ヵ国以上)共同提案を募り、合同で選考を行い、採択した課題についてそれぞれの国の分担研究をその国のファンディングエージェンシーが資金支援致します。2012年に第一回として「水の安全保障(Freshwater Security)」「海岸線の脆弱性(Coastal Vulnerability)」の2つのCRA、2013年には第二回として「食料安全保障と土地利用の変化(Food Security and Land Use Change)」および「e-インフラとデータ管理(e-Infrastructure and Data Management)」のCRAが開始されています。2014年には「生物多様性と生態系サービスのシナリオ(Scenarios of Biodiversity and Ecosystem Services)」「持続可能性のための北極観測と研究(Arctic Observing and Research for Sustainability)」の分野で公募を実施しています。

(3)支援期間および支援額

支援期間及び支援額はCRAごとの目標に応じて違います。1プロジェクトにあたり1~5年間の支援期間で、採択課題の日本側研究グループは総額約700万~5,000万円程度委託研究費を受け取ることができます。

(4)関連する研究集会等

関連する研究集会等
年月 募集領域 募集案内
平成25年10月 オスロ、ノルウェー スコーピングワークショップ「北極」
平成25年10月 パリ、フランス スコーピングワークショップ「生物多様性」
平成25年10月 ゴア、インド スコーピングワークショップ「気候サービス」

(5)公募 / CRA状況

募集中の課題

現在、募集中の課題はございません

過去の公募状況

過去の公募状況
年月 募集領域・結果
平成24年4月 海岸線の脆弱性
平成24年4月 水の安全保障
平成25年7月 食料安全保障と土地利用の変化
平成26年3月 持続可能性のための北極観測と研究
平成26年5月 生物多様性と生態系サービスのシナリオ
平成27年4月 気候予測可能性と地域間連関
平成28年12月 持続可能な都市化に向けた国際イニシアチブ:食料-水-エネルギーのネクサス
平成29年1月 持続可能な社会に向けた転換

(6)採択プロジェクト

*下線はコンソーシアムのリーダー

2013年CRA「食料安全保障と土地利用の変化」(type1/ネットワーキングタイプ)

2013年CRA「食料安全保障と土地利用の変化」(type1/ネットワーキングタイプ)
課題名 海外研究代表者/所属・役職 支援期間
日本側研究代表者/所属・役職
部族社会における農業と生態系の持続的経営
(SMARTS2)
キャシー・チャン=ハルブレント
(コンソーシアム研究代表者)
(米国)ハワイ大学 資源環境管理学科 教授・学科長
プラバット・クマール・ロウル
(インド)オリッサ農工大学 工科局長
ウィン・ヴァン・デ・プタン
(オランダ)ワーゲニンゲン大学 植物学科 教授
スティーヴン・グレイ
(米国)マサチューセッツ大学 環境学部 助教授
増田 忠義
総合地球環境学研究所 研究員
平成26年度

平成27年度

※課題名()内は略称

2013年CRA「食料安全保障と土地利用の変化」(type2/共同研究タイプ)

2013年CRA「食料安全保障と土地利用の変化」(type2/共同研究タイプ)
課題名 海外研究代表者/所属・役職 支援期間
日本側研究代表者/所属・役職
アフリカのサハラ以南地域における商業作物増産の食料安全保障への影響
(FICESSA)
アンナ・ロック
(英国)海外開発研究所 農業開発政策プログラム プログラム長
キャサリン・J・ウィリス
(英国)キュー王立植物園 科学部長(オックスフォード大学 動物学部
グラハム・フォン・モルティッツ
(南アフリカ)科学産業研究委員会 自然資源環境部 シニアリサーチャー
アレクサンドロス・ガスパラトス
(コンソーシアム研究代表者)
東京大学 サステイナビリティ学連携研究機構 准教授
武内 和彦
国連大学 上級副学長
https://supportoffice.jp/ficessa/
平成26年度

平成29年度

※課題名()内は略称

2014年CRA「生物多様性と生態系サービスのシナリオ」

2014年CRA「生物多様性と生態系サービスのシナリオ」
課題名 海外研究代表者/所属・役職 支援期間
日本側研究代表者/所属・役職
生物多様性と生態系サービスのシナリオ・ネットワーク
(ScenNet)
サンドラ・ラフォレル(共同代表)
(コンソーシアム研究代表者)
(フランス)CNRS アルプス生態学研究所 所長
ビルフレッド・タイラー (共同代表)
(フランス)CNRS アルプス生態学研究所 上席研究員
ポール・レドリー
(フランス)南パリ大学 生態学、分類学および進化研究所 教授
フィリップ・カリー
(フランス)モンテペリェ2大学 地中海および熱帯水産研究所 所長
ウォルフガング・クラマー
(フランス)海洋および陸水生物多様性・生態系地中海研究所 所長
ミンシャン・カオ
(中国)南京環境科学研究所 自然保護・生物多様性保全部 助教
ジョンアルヴィッド・グリトニス
(ノルウェー)ベルゲン大学 生物学部 教授
ジャンポール・メッツガー
(ブラジル)サンパウロ大学 生物科学研究所 生態学部 教授
ガイ フランクリン・ミドグレイ
(南アフリカ)ステレンボッシュ大学 植物・動物学部 教授
カラチェポネ・ニーナン
(インド)社会・経済変動研究所 生態学経済・自然資源センター 教授
カトリン・ベーリング-ギーズ
(ドイツ)ゲーテ大学 フランクフルト校 生態学、進化学、生物多様性学部 教授
シモン・フェリール
(オーストラリア)常識科学・産業研究機構 生態学・生物多様性知識・システムプログラム シニアプリンシパルリサーチサイエンチスト
ブレンダン・ビントル
(オーストラリア)メルボルン大学 植物学校 准教授
ワルター・イェッツ
(米国)Yエール大学 生態学・進化生物学部 准教授
齊藤 修
国連大学 サステイナビリティ高等研究所 学術研究官/東京大学 大学院農学生命科学研究科 客員准教授
ScenNet project オフィシャルサイト
平成27年度

平成28年度
生物多様性と生態系サービスの持続的利用を目指したシステム横断型アプローチによる社会学・生態学統合研究の展開
(TSUNAGARI)
シューボー・ユー(共同代表)
(中国)中国科学院地理科学資源研究所 教授
シーヨン・ホウ
(中国)中国科学院煙台海岸帯研究所 教授
ジョン・ブロディー
(オーストラリア)ジェイムズ・クック大学 熱帯水と水圏生態系研究センター 研究リーダー
マンフレッド・レンツェン
(オーストラリア)シドニー大学 物理研究科 教授
フランチェスカ・ヴェロネズ
(ノルウェー)ノルウェー科学技術大学、エネルギーとプロセスエンジニアリング学科 准教授
仲岡 雅裕(共同代表)
北海道大学 北方生物圏フィールド科学センター 教授
石川 智士
総合地球環境学研究所 准教授
牧野 光琢
水産総合研究センター 漁業管理グループ長
山野 博哉
国立環境研究所 生物・生態系環境研究センター 室長
金本 圭一朗
九州大学 持続可能な社会のための決断科学センター 講師
平成27年度

平成28年度

※課題名()内は略称

持続可能性のための北極観測と研究(Type2/小規模既存プロジェクト統合型)

2013年CRA「食料安全保障と土地利用の変化」(type1/ネットワーキングタイプ)
共同研究課題 海外研究代表者/所属・役職
日本側研究代表者/所属・役職
気候変動下における北極海洋システムの回復力と適応力(RACArctic)
フランツ・ミューター(米国代表)
(米国)アラスカ大学 水産海洋学部 准教授
ジョージ・ハント
(米国)ワシントン大学 水圏水産学部 教授
ヘンリー・ハンチングトン
(米国)ハンチングコンサルタンツ社
マイク・シグラー
(米国)米国大気海洋庁 アラスカ水産科学研究所 海洋生物研究官
アラン・ヘイニー
(米国)米国大気海洋庁 アラスカ水産科学研究所 経済学研究官
ケネス・ドリンクウォーター(ノルウェー代表)
(ノルウェー)国立海洋研究所 海洋気候部門 主任研究員
アルフ・ヘコン・ホエル
(ノルウェー)国立海洋研究所 トロモソ支所 支所長
ランディ・イングバカルセン
(ノルウェー)国立海洋研究所 海洋気候部門 主任研究員
メリッサ・キエリシー
(ノルウェー)国立海洋研究所 海洋気候部門 主任研究員
ベンジャミン・プランク
(ノルウェー)国立海洋研究所 トロモソ支所 主任研究員
ジャン・エリック・スチアンサー
(ノルウェー)国立海洋研究所 海洋気候部門 部門リーダー
アルネ・エイデ
(ノルウェー)トロモソ大学 水産学部 教授
齊藤 誠一(コンソーシアム研究代表者)
北極域研究センター長
北海道大学 大学院水産科学研究院 教授
原田 尚美
海洋研究開発機構 地球環境観測研究開発センター センター長代理
菊池 隆
海洋研究開発機構 地球環境観測研究開発センター グループリーダー
平譯 享
北海道大学 大学院水産科学研究院 准教授
綿貫 豊
北海道大学 大学院水産科学研究院 教授
牧野 光琢
水産総合研究センター 中央水産研究所 経営経済研究センター
高倉 浩樹
東北大学 東北アジア研究センター ロシア・シベリア研究分野 教授

※課題名()内は略称

持続可能性のための北極観測と研究(Type3/共同研究型)

2013年CRA「食料安全保障と土地利用の変化」(type1/ネットワーキングタイプ)
課題名 海外研究代表者/所属・役職
日本側研究代表者/所属・役職
東部ロシア北極域永久凍土上の生態系と都市と村落の炭素収支 (COPERA)
ミハエル・プリシャズニー(ロシア代表)
(ロシア)北東連邦大学 副学長 准教授
トゥヤラ・ガブリリェバ
(ロシア)北東連邦大学 教授
トロフィーム・マキシモフ
(ロシア)寒冷圏生物学研究所 部長/
北東連邦大BESTセンター センター長 教授
ヨシカワ・ケンジ(米国代表)
(米国)アラスカ大学フェアバンクス校 水理環境研究センター 教授
杉本 敦子(コンソーシアム研究代表者)
北海道大学 地球環境科学研究院 教授
田畑 伸一郎
北海道大学 スラブ・ユーラシア研究センター センター長 教授
鈴木 力英
海洋研究開発機構 地球表層物質循環 研究分野 分野長
太田 岳史
名古屋大学 大学院生命農学研究科 教授

※課題名()内は略称

気候予測可能性と地域間連関(Climate Predictability and Inter-Regional Linkages)

課題名 海外研究代表者/所属・役職 支援期間
日本側研究代表者/所属・役職
季節~10年規模の地域間連関が気候予測の改善へ向けて持つ潜在的可能性(InterDec)
ダニエラ・マテイ(コンソーシアム研究代表者)
(ドイツ)マックス・プランク気象研究所 地球システム・海洋研究部門 研究員
ノエル・キーンリサイド
(ノルウェー)ベルゲン大学 地球物理研究所 教授
トーベン・ケーニッグ
(スウェーデン)スウェーデン気象・水文研究所 ロスビーセンター 研究リーダー
フレデリック・ビタール
(イギリス)欧州中期予報センター 主席研究員
タオ・ワン
(中国)中国科学院大気物理研究所 ナンセン・朱研究センター 准教授)
中村 尚
東京大学 先端科学技術研究センター 副所長/教授(ほかの日本側メンバー:浮田 甚郎 新潟大学 自然科学系 教授)
平成28年度

平成31年度
全球でみられるテレコネクションとその役割および階層的大気モデル群による再現(GOTHAM)
レスリー・グレイ(コンソーシアム研究代表者)
(イギリス)オックスフォード大学、国立大気科学センター 教授
ボー・ウー
(中国)中国科学院大気物理学研究所 準研究員
フランソア・ロット
(フランス)ラプラス研究所
ディム・カウマウ
(ドイツ)ポツダム気候影響研究所 主任研究員
クリシュナン・ラガヴァン
(インド)インド熱帯気象研究所 理事
渡辺 真吾
海洋研究開発機構 シームレス環境予測研究分野 分野長
平成28年度

平成31年度

※課題名()内は略称


ページTOPへ


[このサイトの共通情報]

Copyright © Japan Science and Technology Agency. All Rights Reserved.