日本−中国−韓国(KRISS及びNIM) 研究交流における平成24年度終了課題の事後評価

平成26年3月10日

評価委員

 主査
  齊藤 隆  (株)フジクラ 新規事業推進センター 超電導事業推進室 超電導事業推進シニアコーディネーター
 委員
  吉見 享祐 東北大学大学院工学研究科 教授
  藤田 武志 東北大学 原子分子材料科学高等研究機構 准教授

事後評価の進め方

 採択時の「申請書」等と研究終了報告書をもとに事後評価委員が事後評価を行った。なお、事後評価の進め方については以下の通りである。
1)研究終了報告書を研究代表者が作成
2)研究終了報告書及び申請書等を事後評価委員に送付し、査読による評価
3)事後評価委員「主査」による事後評価報告書の作成
① 事後評価委員の評価結果とりまとめ
② 事後評価報告書(案)の作成
③ 事後評価報告書(案)を研究代表者に提示し、事実誤認の確認
4)業運・理事会での審議・了承後、研究終了報告書および事後評価報告書を一般に公開(JST国際科学技術部ホームページに掲載)
プロジェクト名日本側研究代表者終了
報告書
事後評価報告書
中国側研究者代表者
韓国側研究者代表者
表面分析及びナノ計量技術の前標準化 物質・材料研究機構 中核機能部門
部門長 田沼 繁夫
青島科学技術大学 教授 朴 光哲 韓国標準科学研究所 産業計量部
主席研究員 Kyung Joong Kim
終了報告書 事後評価報告書
高温超伝導線材評価技術 東京大学 大学院新領域創成科学研究科
教授 大崎 博之
中国科学院電工研究所
教授 Guomin Zhang
国立安東大学 工学部
教授 Hyung-Seop Shin
終了報告書 事後評価報告書
生体材料および高温材料の安全性・信頼性評価技術 東北大学 大学院工学研究科
教授 横堀 壽光
中国科学院上海セラミック研究所
教授 Jiang Chang
韓国標準科学研究所
主席研究員 Yong-Hak Huh
終了報告書 事後評価報告書