日本−イスラエル研究交流における平成24年度終了課題の事後評価

平成26年3月10日

評価委員

 主査
  西川 徹   東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 教授
 委員
  森 郁恵   名古屋大学大学院 理学研究科 教授
  佐谷 秀行  慶應義塾大学 医学部・先端医科学研究所 教授
  戸口田 淳也 京都大学 物質−細胞統合システム拠点 教授
         iPS細胞研究センター 副センター長 iPS細胞研究所 副所長

事後評価の進め方

 採択時の「申請書」等と研究終了報告書をもとに事後評価委員が事後評価を行った。なお、事後評価の進め方については以下の通りである。
1)研究終了報告書を研究代表者が作成
2)研究終了報告書及び申請書等を事後評価委員に送付し、査読による評価
3)事後評価委員「主査」による事後評価報告書の作成
① 事後評価委員の評価結果とりまとめ
② 事後評価報告書(案)の作成
③ 事後評価報告書(案)を研究代表者に提示し、事実誤認の確認
4)業運・理事会での審議・了承後、研究終了報告書および事後評価報告書を一般に公開(JST国際科学技術部ホームページに掲載)
プロジェクト名日本側研究代表者終了
報告書
事後評価報告書
イスラエル側研究者代表者
神経伝達を司るトランスポーターの構造生物学的展開 岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科
教授 森山 芳則
テルアビブ大学 ダニエル・リッチ研究所
教授 ネルソン・ナターン
終了報告書 事後評価報告書
センダイビールスベクターを用いたヒト多能性幹細胞から血管血液細胞の大量生産 理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター
グループディレクター 西川 伸一
ランバン医学センター 産婦人科
教授 イツコビッツ-エルダー・ジョーセフ
終了報告書 事後評価報告書
ES細胞の多能性維持に果たす基本転写開始因子と伸長因子の機能解明 東京工業大学大学院 生命理工学研究科
准教授 山口 雄輝
ワイズマン科学研究所 生化学講座
准教授 ディクステイン・リブカ
終了報告書 事後評価報告書
神経系におけるRAN結合タンパク質による空間的制御 大阪大学大学院 生命機能研究科
教授 米田 悦啓
ワイズマン科学研究所 生化学講座
准教授 ファインジルバー・マイケル
終了報告書 事後評価報告書