日本−インド研究交流における平成24年度終了課題の事後評価

平成26年3月10日

評価委員

 主査
  岡本 栄司  筑波大学 大学院システム情報工学研究科 教授
 委員
  大森 慎吾  一般社団法人YRP国際連携研究所 代表理事
  岩見 真希  大阪経済法科大学 教養部 准教授
  井上 光輝  豊橋技術科学大学 副学長(大学院教育改革担当)
         同大学院工学研究科 電気・電子情報工学専攻 フェロー教授

事後評価の進め方

 採択時の「申請書」等と研究終了報告書をもとに事後評価委員が事後評価を行った。なお、事後評価の進め方については以下の通りである。
1)研究終了報告書を研究代表者が作成
2)研究終了報告書及び申請書等を事後評価委員に送付し、査読による評価
3)事後評価委員「主査」による事後評価報告書の作成
① 事後評価委員の評価結果とりまとめ
② 事後評価報告書(案)の作成
③ 事後評価報告書(案)を研究代表者に提示し、事実誤認の確認
4)業運・理事会での審議・了承後、研究終了報告書および事後評価報告書を一般に公開(JST国際科学技術部ホームページに掲載)
プロジェクト名日本側研究代表者終了
報告書
事後評価報告書
インド側研究者代表者
次世代デバイスのためのナノスケール磁気ドメインのキャラクタリゼーション 大阪電気通信大学 エレクトロニクス基礎研究所
所長・教授 越川 孝範
インド科学発展協会(IACS)材質科学部門
教授 Bhunpendra Nath Dev
終了報告書 事後評価報告書
人工衛星レーダによるICTを利用した農業に関する先進情報システム 新潟大学 工学部
教授 山口 芳雄
インド工科大学ルールキー 電子・コンピュータ学科
准教授 Dhamendra Singh
終了報告書 事後評価報告書
数理科学的手法による暗号アルゴリズム解析とネットワークセキュリティ強化評価 九州大学大学院 システム情報科学研究院情報工学部門
教授 櫻井 幸一
インド統計学研究所 応用統計学ユニット
教授 Bimal Roy
終了報告書 事後評価報告書
RFIDとセンサネットワーク向け暗号基礎技術とそれを用いた構成要素の設計および安全性評価 産業技術総合研究所 情報セキュリティ研究センター
副研究センター長 渡辺 創
インド工科大学ルールキー 数学科
准教授 Sugata Gangopadhyay
終了報告書 事後評価報告書
動的かつ階層的な暗号鍵割当方式の安全性証明と学際評価 東京大学 生産技術研究所
准教授 松浦 幹太
デルバニ・アンバニ情報通信研究所
教授 Anish Mathuria
終了報告書 事後評価報告書
高出力ファイバ増幅器ならびにレーザのための希土類添加ダブルクラッド偏波保持フォトニック結晶ファイバの設計と作製 北海道大学大学院 情報科学研究科
准教授 齊藤 晋聖
中央ガラス・セラミック研究所(CGCRI)光ファイバー研究室
シニア研究者 Shyamal Bhadra
終了報告書 事後評価報告書