日本−フィンランド研究交流における平成24年度終了課題の事後評価

平成26年3月10日

評価委員

 主査
  青柳 克信  立命館大学 総合科学技術研究機構 教授
 委員
  錦谷 禎範  JX日鉱日石エネルギー株式会社 研究開発本部 エグゼクティブリサーチャー
  深田 直樹  物質・材料研究機構 国際ナノアーキテクトニクス研究拠点 独立研究者
  沈 青   電気通信大学 大学院情報理工学研究科 准教授

事後評価の進め方

 採択時の「申請書」等と研究終了報告書をもとに事後評価委員が事後評価を行った。なお、事後評価の進め方については以下の通りである。
1)研究終了報告書を研究代表者が作成
2)研究終了報告書及び申請書等を事後評価委員に送付し、査読による評価
3)事後評価委員「主査」による事後評価報告書の作成
① 事後評価委員の評価結果とりまとめ
② 事後評価報告書(案)の作成
③ 事後評価報告書(案)を研究代表者に提示し、事実誤認の確認
4)業運・理事会での審議・了承後、研究終了報告書および事後評価報告書を一般に公開(JST国際科学技術部ホームページに掲載)
プロジェクト名日本側研究代表者終了
報告書
事後評価報告書
フィンランド側研究者代表者
有機太陽電池を指向した先端光機能性材料 京都大学 物質−細胞統合システム拠点
教授 今堀 博
タンペレ工科大学 化学・生物工学専攻
教授 ヘルゲ・レメティネン
終了報告書 事後評価報告書
新規炭素系ナノ物質による高性能リチウム電池負極 東京農工大学 大学院工学研究院
教授 神谷 秀博
ヘルシンキ工科大学 応用物理学科
教授 エスコ・カウピネン
終了報告書 事後評価報告書
超高速パルスの空間・時間・周波数制御のための金属-誘電体ハイブリッド材料 電気通信大学
特任教授 小林 孝嘉
タンペレ工科大学 物理学科
教授 マルティ・カウラネン
終了報告書 事後評価報告書
非中心対称性結晶における超高速光電変換プロセス 東京大学 生産技術研究所
教授 志村 努
東フィンランド大学 物理学科
教授 アレクシ・カムシリン
終了報告書 事後評価報告書
プラズモン増強有機ハイブリッド太陽電池 東京大学 先端科学技術研究センター
教授 瀬川 浩司
オーボアカデミー大学 物理学科
教授 ロナルド・エステルバッカ
終了報告書 事後評価報告書