平成24年度採択課題 e-ASIA共同研究プログラム「ナノテクノロジー・材料」分野

評価委員

【日本側】
研究主幹
 岸 輝雄(科学技術振興機構 国際科学技術部 運営統括)

アドバイザー
 真島 豊(東京工業大学 科学技術創成研究院 教授)
 竹内 昌治(東京大学 生産技術研究所 教授)
 田中 剛(東京農工大学 大学院工学研究院 教授)
 山口 周(東京大学 大学院工学系研究科 教授)
 藤本 愼司(大阪大学 大学院工学研究科 教授

事後評価の進め方

日本側研究者が作成した終了報告書を、日本側アドバイザーが査読評価を行った。その評価結果をうけて研究主幹が課題別の評価報告書と領域の総評を作成した。

プロジェクト名日本側研究代表者終了
報告書
事後評価
報告書
海外側研究者代表者
環境因子の影響理解に基づいたアジア地区における構造材料の腐食マッピング 独立行政法人 物質・材料研究機構 材料信頼性評価ユニット
篠原 正 グループリーダー
(ベトナム)ベトナム科学技術アカデミー 材料研究所 材料/損傷解析センター
レ・ホンリエン センター長
(タイ)タイ国立科学技術開発庁 国立金属・材料技術研究所 材料信頼性研究ユニット
チアンパイロット・アムニャイサック 博士
終了報告書 事後評価報告書
東南アジアで深刻な病原体を検出するためのプラズモニックバイオセンサー 独立行政法人 物質・材料研究機構 高分子材料ユニット
三木 一司 グループリーダー
(ベトナム)ベトナム科学技術アカデミー 物質科学研究所
クワンリーム・グエン 所長
(タイ)タイ国立科学技術開発庁 国立ナノテクノロジー研究所
タララジ・ダラクル シニア・アドバイザー
終了報告書 事後評価報告書
研究主幹総評および領域活動概要 研究主幹総評および領域活動概要