南アフリカ(SICP)

1. 協力分野

「ライフサイエンス」

平成20年6月に日本で行われた文部科学省と南アフリカ科学技術省の次官級会談を踏まえ、文部科学省は南アフリカとの協力分野を「ライフサイエンス」分野に設定しました。これを受け、平成20年度からJSTはNRFと共同して、「ライフサイエンス」分野において研究協力課題の公募を開始しました。

2. 南アフリカ側ファンディングエージェンシー

南アフリカ国立研究財団(NRF:National Research Foundation)

3. 関連する研究集会等

関連する研究集会等
年月場所研究集会名
平成23年9月
(2011年)
ステレンボッシュ 日本−南アフリカ「白金族元素およびエネルギー材料研究」ワークショップ

4. 公募情報

過去の公募情報
月日研究領域プレスリリース
平成24年6月
(2012年)
ライフサイエンス 詳細
平成22年6月
(2010年)
ライフサイエンス 詳細
平成20年10月
(2008年)
ライフサイエンス 詳細

5. 終了プロジェクト

ライフサイエンス

支援期間:平成25年度〜平成27年度(2013年度~2015年度)
※以下3プロジェクトは平成27年度(2015年度 )より日本医療研究開発機構(AMED)へ移管されました。

ライフサイエンス
プロジェクト名日本側研究代表者 南アフリカ側研究者代表者
結核菌感染における宿主マクロファージ遺伝子の保護的・破壊的作用の解明 理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター
グループディレクター 鈴木 治和
ケープタウン大学 免疫学部門
教授 フランク・ブロムバッハー
子癇前症(妊娠高血圧腎症)におけるHIV感染の影響 福井大学 医学部
准教授 此下 忠志
クワズル・ナタール大学 臨床医学部
名誉教授 ジャギデジャ・ムードレイ
植物病原細菌Pantoea ananatisの遺伝子型と病原性の多様性に関する研究 静岡大学 創造科学技術大学院
教授 瀧川 雄一
プレトリア大学 自然科学・農学部
教授 テレサ・アン・クチノ

支援期間:平成23年度〜平成25年度(2011年度~2013年度)

ライフサイエンス
プロジェクト名日本側研究代表者 南アフリカ側研究者代表者
日本・南ア両国による比較研究に基づくインド-太平洋海域の藻類の多様性と進化の解明 北海道大学大学院理学研究院
教授 堀口 健雄
ケープタウン大学理学部
教授 ジョン・ボルトン
赤痢アメーバ症の新規診断・制御法の開発を目的とした病原・発症機構の解明 筑波大学大学院生命環境科学研究科
教授 野崎 智義
ヴェンダ大学数学・自然科学部
上級講師 アミドウ・サミー

支援期間:平成23年度〜平成24年度(2011年度~2012年度)

ライフサイエンス
プロジェクト名日本側研究代表者 南アフリカ側研究者代表者
糞コロガシ(Euonitillus intermedius)における自然免疫 Tollシグナル伝達経路 東北大学大学院薬学研究科
教授 倉田 祥一朗
University of the Witwatersrand, Molecular & Cell Biology/Science
上級講師 Monde Ntwasa
代謝生化学と分子遺伝学の統合によるマラリア/HIV克服を目指した有用南アフリカ固有植物の創成 横浜市立大学木原生物学研究所
教授 村中 俊哉
University of Pretoria, Plant Science
教授 Jacobus Johannes Marion Meyer
熱帯マラリア原虫(Plasmodium falciparum)の小胞体に局在するHsp40シャペロンPfj2の機能解析 京都大学再生医科学研究所
教授 永田 和宏
Rhodes University Biochemistry, Microbiology & Biotechnology
教授 Gregory Lloyd Blatch
新奇乳酸菌のプロバイオティクスならびに抗菌性ペプチドを用いた病原菌に対する新たな戦略 東京大学大学院農学生命科学研究科
教授 伊藤 喜久治
Stellenbosch University, Department of Microbiology
教授 Leon Milner Theodore Dicks

国の要請に基づく研究交流課題

支援期間:平成17年度〜平成19年度(2005年度~2007年度)

国の要請に基づく研究交流課題
プロジェクト名日本側研究代表者 南アフリカ側研究者代表者
感染症克服に向けた南ア固有植物への価値付与のための分子遺伝学的研究 理化学研究所 植物科学研究センター
多様性代謝研究チーム
チームリーダー 村中 俊哉
JJ Marion Meyer, Department Head/ Professor, Botany Department, University of Pretoria