ニュージーランド(SICP)

1. 協力分野

「バイオサイエンスとバイオテクノロジー」

平成21年2月の日本とニュージーランドの政府間合意に基づき、JSTとビジネス・イノベーション・雇用省(MBIE)は、戦略的国際科学技術協力推進事業により、「バイオサイエンスとバイオテクノロジー」分野において、日本とニュージーランドの研究交流を共同支援することにしました。

2. ニュージーランド側ファンディングエージェンシー

ビジネス・イノベーション・雇用省(MBIE:Ministry of Business, Innovation and Employment)

3. 関連する研究集会等

関連する研究集会等
年月場所研究集会名
平成25年9月
(2013年)
東京 日本−ニュージーランドSICPプロジェクト成果報告ワークショップ(PDF形式:161KB)
平成22年10月
(2010年)
東京 日本−ニュージーランド共同「機能性食品」ワークショップ
平成21年7月
(2009年)
パーマストンノース 日本−ニュージーランド共同「機能性食品」ワークショップ

4. 公募情報

公募情報
月日研究領域プレスリリース
平成23年4月
(2011年)
機能性食品 詳細
平成21年7月
(2009年)
機能性食品 詳細

5. 終了プロジェクト

機能性食品

支援期間:平成24年度〜平成25年度(2012年度~2013年度)

機能性食品
プロジェクト名日本側研究代表者 ニュージーランド側研究者代表者
閉経期女性の骨の健康に対する日本とニュージーランドの機能性食品の併用効果 国立健康・栄養研究所 食品保健機能研究部
部長 石見 佳子
マッセイ大学 食品学部
教授 マレーナ・クルーガー

支援期間:平成23年度〜平成25年度(2011年度~2013年度)

機能性食品
プロジェクト名日本側研究代表者 ニュージーランド側研究者代表者
機能特性の詳細解析を可能にするネギ属野菜代謝物アトラスの開発 山口大学 農学部
教授 執行 正義
植物食品研究所 育種・ゲノム領域
研究員 ジョン・マッキャルム

支援期間:平成21年度〜平成23年度(2009年度~2011年度)

機能性食品
プロジェクト名日本側研究代表者 ニュージーランド側研究者代表者
ヒトの生涯にわたる健康に及ぼす乳幼児期の栄養ならびに腸内菌の影響 東京大学 大学院農学生命科学研究科
教授 伊藤 喜久治
アグリサーチ 食品・代謝・微生物研究チーム
チームリーダー ニコル・ロイ
機能性食品素材としての海産脂質の有用性 東京海洋大学 大学院ヘルスフード科学講座
教授 矢澤 一良
産業研究所 生物活性総合技術開発部
上席研究員 アンドリュー・マッケンジー