野地 博行
豊かで安全な社会と新しい
バイオものづくりを実現する人工細胞リアクタ
プログラム・マネージャー
野地 博行 Hiroyuki Noji
  • ビデオ
  • フルバージョン
  • ダイジェスト
  • 研究開発プログラムの内容
  • PMの研究開発成果
  • 公式HP
1997年 東京工業大学大学院 博士課程修了(理学博士)
1998年 JST CREST 博士研究員
2000年 JST PREST0 研究員
2001年 東京大学 生産技術研究所 助教授
2005年 大阪大学 産業科学研究所 教授
2010年~ 東京大学 工学研究科 教授
2015年~ ImPACTプログラム・マネージャー
(東大/JST間のクロスアポイントメント、エフォート80%)
【プロフィール】
大型研究プロジェクト代表経験;特定領域、CREST等、実用化研究;ABBOTT社, 凸版印刷,など、企業コンサルティング4社 学術賞;日本学術振興会賞、山崎貞一賞、読売ゴールドメダル等


研究開発成果
  • 平成26年度
  • 平成27年度
  • 平成28年度
  • 平成29年度
  • 平成30年度

PMの実績報告

野地 博行PMの実績報告 (624KB)
研究開発課題(プロジェクト)名 研究開発機関 研究開発責任者 ダウンロード
基盤技術開発 東京大学 田端 和仁 (71KB)

PMの実績報告

野地 博行PMの実績報告 (862KB)
研究開発課題名 研究開発機関名 研究開発責任者 ダウンロード
「はかる」人工細胞デバイス
超高感度デジタルELISA計測システムの開発 アボットジャパン株式会社 吉村 徹 (103KB)
デジタル計測技術を用いた遺伝子検査の実用化 凸版印刷株式会社 中山 雅人 (172KB)
ユニバーサルなデジタルバイオ分析を実現する核酸検査法の開発 東京工業大学 小宮 健 (116KB)
「つくる」人工細胞デバイス
アレイ型人工細胞デバイスと進化分子工学的手法を組み合わせた最適・最高の活性を有する生体分子(酵素)スクリーニング技術の開発 東京大学 野地 博行 (126KB)
リポソーム型リアクターを用いた膜タンパク質進化分子工学技術の開発 大阪大学 松浦 友亮 (302KB)
人工細胞デバイスを活用した高速進化実験系の開発と臨床診断用スーパー酵素の創成 産業技術総合研究所 宮崎 健太郎 (118KB)
「豊かで安全な社会」の実現に資する蛍光プローブの開発研究 東京大学 浦野 泰照 (103KB)
バイオマス糖化用スーパー酵素の作出 東京大学 五十嵐 圭日子 (131KB)
理論計算と進化分子工学を融合したG蛋白質共役型受容体(GRCR)の革新的耐熱化法の開発 千葉大学 村田 武士 (123KB)
Development of novel anti-biofouling reagents ブリティッシュコロンビア大学 徳力 伸彦 (69KB)
「ふえる」人工細胞デバイス
人工ゲノムの試験管内合成法の開発 立教学院 末次 正幸 (120KB)
ゲノムサイズDNAのハイスループット導入法 東京大学 竹内 昌治 (197KB)
ゲノム導入と起動のためのリポソーム融合技術の開発 大阪大学 市橋 伯一 (235KB)
リポソーム内DNA封入法の開発 中央大学 鈴木 宏明 (154KB)
核酸保護剤を用いたゲノム導入法 理化学研究所 吉積 毅 (398KB)
基盤技術開発
人工細胞デバイスおよび計測システム開発ならびに人工細胞デバイスを用いたゲノム起動法の開発 東京大学 田端 和仁 (135KB)
臨床用全自動デジタルELISA装置開発 プレシジョン・システム・サイエンス株式会社 上田 哲也 (181KB)