プログラム・マネージメントグループ

PM 野地 博行
PM補佐 奥野 大地
PM補佐 景山 茂樹
PM補佐 神崎 修
PM補佐 田端 和仁
PM補佐 青 志津男
PM補佐 千葉 陵太郎
PM補佐 高久 春雄

プログラム・アドバイザー

慶應義塾大学
先端生命科学研究所 教授

板谷光泰

PJ3Aゲノム合成および導入の技術指導を担当

1983年東京大学大学院博士課程修了(理学)、National Institutes of Health(NIH)博士研究員、三菱化学生命科学研究所主任研究員を経て、2006年より現職。
ゲノムデザイン学の確立のために、枯草菌を用いたゲノムベクターの開発と応用、水平伝播によるゲノム再構築手法の開発、ゲノム合成からの生命起動の研究に従事。
農芸化学会奨励賞、 日経BP技術賞等受賞。

産業技術総合研究所
生物プロセス研究部門 主任研究員

柿澤茂行

「ふえる」プログラムにおいて、ゲノム導入の技術指導を担当

2004年東京大学博士課程修了(生命科学)。
東京大学農学生命情報科学大学院特任研究員、日本学術振興会特別研究員PD、東京大学農学生命科学研究科特任助教、産業技術総合研究所研究員を経て、2013年より現職。
一全ゲノム操作を用いたマイコプラズマの機能解析に従事。
日本農学進歩賞、日本植物病理学会学術奨励賞を受賞

早稲田大学
理工学術院 教授

木賀大介

人工ゲノム技術にともなう倫理規定策定プログラムを推進

1999年東京大学博士課程単位取得退学、同年博士号取得(理学)。
JST ERATO研究員など各所でのポスドク、東京大学大学院総合文化研究科助手、東京工業大学大学院総合理工学研究科助教授・准教授、JST PRESTO研究員(兼務)を経て、2016年より現職。
合成生物学による遺伝子ネットワークの開発や遺伝暗号の改変に従事。
ナイスステップな研究者への選定や、工学教育賞・学術振興会賞等受賞。