公募・プレスリリース・ニュース Public Offering/Press Release/News

公募

「サイバニック生体電位信号検出インタフェースの研究開発」(PM:山海 嘉之)
課題名:「サイバニック生体電位信号検出インタフェースの研究開発」(PM:山海 嘉之)
【訂正とお詫びのお知らせ】

「サイバニック生体電位信号検出インタフェースの研究開発」公募に関し、公募要領内に記載の「PMが想定する仕様」に誤記がございました。以下に訂正させていただき、お詫び申し上げます。

 誤記載内容(公募要領 2ページ目) PMが想定する仕様
・省電力(消費電力:数μWレベル)

 訂正後内容  PMが想定する仕様
・省電力(消費電力:数百μWレベル)

つきましては、公募期間を 平成29年9月4日 正午まで延長し引き続き応募受け付けをさせていただきます。
なお、本訂正内容に関連しご相談がございましたら、9月4日正午までに以下までご連絡くださいますようお願いいたします。

【お問い合わせ先】

国立研究開発法人科学技術振興機構 革新的研究開発推進室 山海PM公募担当
TEL:03-6380-9012 E-mail : impact-cybernics(at)jst.go.jp ※(at)を"@"に置き換えてください。

公募概要

先進長寿国では「重介護」が共通する深刻な社会問題になっている。本プログラムでは、人の脳神経系・身体とロボットなどを融合複合して機能させる「革新的サイバニックシステム」によって、人の残存する能力を飛躍的に改善・拡張・増幅・補助し、人と革新技術の相互支援による生活支援インフラとして社会実装することで、「人とロボットを繋ぐ革新的人支援技術」による新産業創出を推進し、『重介護ゼロ社会』の実現、従来の消費型経済から社会課題解決型経済へのパラダイムシフトの実現、社会変革・産業変革の実現を目指しています。

本公募では、サイバニック生体電位信号検出インタフェースの研究開発を行うことが可能な優れた開発力を有する研究開発機関を募集するものです。

公募期間平成29年8月1日~平成29年8月29日
締切平成29年8月29日 正午 平成29年9月4日 正午

審査~研究開発開始スケジュール(予定)

平成29年8月下旬
書面審査
平成29年9月上旬
面接審査
平成29年9月中旬
研究開発機関の承認・確認(推進会議、有識者会議)
平成29年9月下旬
選定機関への通知
平成29年10月頃~
委託研究開発契約締結・研究開発の開始

応募書類ダウンロード

公募要領 applicationprocedure.pdf (999KB)
申請書 applicationform.docx (67KB)
実施規約 agreement.pdf (278KB)
委託研究開発契約書(雛形) contracttemplate.pdf (206KB)

提出物

「重介護ゼロ社会を実現する革新的サイバニックシステム」研究開発提案書(pdfファイル形式に変換したもの) ▶ 上記データを下記フォームから送信して下さい。 データが10MBを超える場合、JSTのファイル転送システム(PrimeDrive)をご利用いただきます。
ファイルアップロード先とパスワードをメールにてご連絡いたしますので、下記のE-mailアドレスまでお問い合わせください。

申請方法

下記ボタンより応募フォームに移動し「プライバシーポリシー」をご確認の上、必要事項をご入力ください。
〔内容確認〕の後、〔送信〕ボタンをクリックしてください。受付完了後、記載いただいたメールアドレスに 1. 『応募確認』(自動返信メール)
2. 担当者からの添付ファイル等受領確認メール(3営業日以内)
をお送りいたします。  

※自動返信メールは迷惑メールに分類される場合がありますことをご了承ください。
※ファイルの添付は10MBを上限としております。
※なお、ここに記載いただいた情報と申請書に記載いただいた情報が異なる場合は、申請書に記載の情報を正とさせていただきます。

その他

疑義等がある場合、下記のE-mailアドレスまで件名を「サイバニック生体電位信号検出インタフェースの研究開発」としてお問い合わせください。

お問い合わせ先

国立研究開発法人科学技術振興機構 革新的研究開発推進室 山海PM公募担当
TEL:03-6380-9012 E-mail : impact-cybernics(at)jst.go.jp ※(at)を"@"に置き換えてください。