ImPACT Program 量子人工脳を量子ネットワークでつなぐ高度知識社会基盤の実現

技術資料

HOME > 技術資料

量子ニューラルネットワーク ―量子限界で動作する光ニューラルネットワーク―

この技術資料は、新しい計算原理である量子ニューラルネットークの基本概念、動作原理、性能について述べたものである。
第1章はQNNの基本的な概念・原理に関する最低限の知識を獲得することに興味のある読者への概説となっており、第6、7章はこの新しいマシンを使ったクラウドサービスとその応用に興味のある読者のためのまとめとなっている。第2-5章は、上記に加えて2種類のQNN(DL型とMF型)の量子論についてさらに深く理解したい読者へ向けた内容となっている。

本技術資料の構成と章立ては以下の通りである。

各章をクリックしてダウンロードしてください。

序文
第1章 概説
第2章 光パラメトリック発振器の物理
第4章 量子測定の理論
第3章 光遅延線結合型マシンの量子論
第5章 測定フィードバック型のマシンの量子論
第6章 コーヒーレントイジングマシン
第7章 コーヒーレントSATマシン
第8章 アルゴリズム
第9章 アルゴリズム
第10章 アルゴリズム
第11章 アルゴリズム
第12章 アルゴリズム