ImPACT Program 量子人工脳を量子ネットワークでつなぐ高度知識社会基盤の実現

会議、研究会

HOME > 会議、研究会 > Lecture Series

Lecture Series

Lecture Series 2016

これまでの量子情報科学の進展は、閉鎖系における状態ベクトルのユニタリ変換をベースとする理論に支えられてきました。
外界との結合(散逸)は、望ましくないものであり、多くの場合、摂動として扱われ、抑圧する対象とみなされてきました。
しかし、近年、開放系の相転移や測定フィードバック系のダイナミクスを量子情報技術に利用する試みが増え、新しい理論手法の確立が必要とされています。
ImPACTプロジェクトでは、
Peter Drummond先生(スウィンバーン工科大学)に非平衡開放系の相転移の量子論、
Hideo Mabuchi先生(スタンフォード大学)に測定フィードバック系の量子論、
について集中講義をしていただきました。

In quantum information processing systems, dissipative coupling to external reservoirs destroys a quantum coherent process and introduces an undesired error.

In recent years, however, novel quantum information processing principles based on non-equilibrium phase transition in open-dissipative systems or measurement-feedback systems have been proposed and activity studied. The new mathematical methods to deal with those quantum systems are indispensable for accelerating such a research trend. The ImPACT project invited the two world-experts, Profs. Peter Drummond of Swinburne University of Technology and Hideo Mabuchi of Stanford University, to give a series of lectures on the subject.

講師
Prof. Peter Drummond, Swinburne University of Technology
http://www.swinburne.edu.au/science-engineering-technology/staff/profile/index.php?id=pdrummond
 
Prof. Hideo Mabuchi, Stanford University
https://minty2.stanford.edu/wp/
日時および
会議室
2016年11月 9日(水) 10:30~12:00, 13:30~15:00 9階 会議室A
2016年11月10日(木) 10:30~12:00, 13:30~15:00 2階 会議室A-2
2016年11月11日(金) 10:30~12:00, 13:30~15:00 9階 会議室A
場所
JST東京本部別館(K'S五番町) http://www.jst.go.jp/koutsu.html
Program
Program.pdf(301kb)
Lecture note
Prof. Peter Drummond
  Prof.Drummond_1.pdf(663kb)
  Prof.Drummond_2.pdf(3,832kb)
  Prof.Drummond_3.pdf(997kb)
Prof. Hideo Mabuchi
  Prof.Mabuchi_1.pdf(5,776kb)
  Prof.Mabuchi_2a.pdf(244kb)
  Prof.Mabuchi_2b.pdf(245kb)
  Prof.Mabuchi_3a.pdf(283kb)
  Prof.Mabuchi_3b.pdf(1,744kb)