「脳情報の可視化と制御による活力溢れる生活の実現」
2016年度シンポジウム

日 時: 2017年2月23日(木)14:00~18:30(開場13:30)【開催終了いたしました】

・BHQチャレンジの取り組み内容についてのポスターを、13:15頃から会場ホワイエにてご覧いただける予定です。

・シンポジウム終了後も30分程度ポスターセッションを実施予定です。

会 場: 丸ビルホール(外部リンク)
参加費: 無料

ご挨拶

本プログラムでは、日本発の脳情報産業の創出を目指して、研究開発とイノベーションエコシステムの構築を進めています。本年度シンポジウムでは、脳情報産業のイノベーションエコシステムの構築に関する取り組みを中心にプログラムを用意させていただきました。脳情報のクラウド化の取り組みや脳の健康に良い環境作りの取り組みについての講演の他、本プログラムで進めている脳情報の国際標準化についての報告をさせていただきます。また、2年目となりますBHQチャレンジの表彰式も行わせていただきます。皆様の多数のご参加をお待ちしております。

企画・立案
 ImPACT プログラム・マネージャー
山川 義徳

プログラム

14:00~14:10 開会挨拶 (内閣府 福嶋 正人参事官)
14:10~14:25 プログラム紹介

・プログラム・マネージャーによる全体概要報告

(ImPACT:山川 義徳PM)
14:25~15:00 「BHQチャレンジ」表彰式

・取り組み概要説明及び実証トライアル結果の発表

・実証活動の報告

・審査委員長による表彰

(ImPACT:福田 紘己PM補佐)
(実証トライアル参加企業)
(理化学研究所:渡辺 恭良センター長)
15:00~15:40 「脳情報の国際標準化」

・ITU-TとWHOの取り組みについて

・ImPACTでのデータシェアリングについて

(慶應義塾大学:川森 雅仁教授(ITU-T ラポーター))
(ImPACT:岡 宏樹PM補佐)
15:40~16:00 休憩
16:00~16:50 【招待講演】

・脳の健康維持を支えるクラウドサービス

・ImPACTでの健常者脳情報データベース構築

(日本脳ドック学会:小林 祥泰理事長)
(岩手医科大学:佐々木 真理教授)
16:50~17:40 【招待講演】

・まちと住まいの生活と健康

・ImPACTでの住環境と脳の健康

(建築省エネ機構:村上 周三理事長)
(慶應義塾大学:伊香賀 俊治教授)
17:40~18:00 閉会挨拶   (理化学研究所:渡辺 恭良センター長)
18:00~18:30 ポスターセッション(企業向け取り組みの紹介、BHQチャレンジポスター発表)

シンポジウムリーフレット: こちらからダウンロードできます。(PDF)

シンポジウム公開資料  : 全体概要 | BHQチャレンジ表彰式 | 脳情報の国際標準化

過去に開催したシンポジウム

「脳情報の可視化の制御による活力あふれる生活の実現」
2015年度シンポジウム

日 時: 2016年3月1日 一部:14:00~17:40、二部:18:00~19:30
会 場: 品川 THE GRAND HALL
概 要: 2015年度のプログラムの活動概要報告の他、3名の統括技術責任者に、人工知能(AI)、ロボット、ビッグデータといった関連するホットトピックの概観やプログラムでの取り組みについてご講演いただきました。加えて、多様な領域の研究者や企業の方に参加いただきましたBrain Healthcareチャレンジの表彰式も行わせていただきました。また、二部として、意見交換会及びプログラムの研究開発の取り組みやBrain Healthcareチャレンジの入選アイデアについてご紹介するポスターセッションを実施させていただきました。 当日は、一部に315名、二部に136名ものご参加をいただき、大盛況となると共に、活発な意見交換が行われました。

シンポジウムリーフレット: こちらからダウンロードできます。(PDF)

シンポジウム公開資料  : 全体概要

公開シンポジウム

▲ 第一部の様子

公開シンポジウム

▲ 第二部の様子

「脳情報の可視化の制御による活力あふれる生活の実現」
キックオフシンポジウム(2014年度シンポジウム)

日 時: 2015年2月4日 一部:14:00~17:45、二部:18:00~19:30
会 場: 日本橋三井ホール
概 要: キックオフシンポジウムとして、3名の統括技術責任者と12名の研究開発グループ責任者から研究計画を紹介いただくとともに、公募についての説明もさせていただきました。また、二部として、統括技術責任者やグループ責任者も交えた意見交換会を実施いたしました。

シンポジウムリーフレット: こちらからダウンロードできます。(PDF)

シンポジウム公開資料  : 全体概要 | 携帯型BMI | 脳ロボティクス | 脳ビックデータ | 脳情報インフラ

「脳情報の可視化の制御による活力あふれる生活の実現」シンポジウム
~ブレインマシンインターフェースとロボティクスの融合に向けて~

日 時: 2014年10月7日 17:00~19:00
会 場: ベルサール九段ホール
概 要: 本プログラムの構想の実現に重要となる、BMI技術とロボティクス技術について、日本を代表する研究者から研究動向や将来展望をご紹介いただくとともに、産業界からの有識者にも参加いただき、ImPACTでの産業化に向けた研究開発の可能性について開かれた議論を行いました。

シンポジウムリーフレット: こちらからダウンロードできます。(PDF)

「脳情報の可視化の制御による活力あふれる生活の実現」シンポジウム

日 時: 2014年9月1日 17:00~19:00
会 場: TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
概 要: 本プログラムについて紹介させていただくとともに、パネルディスカッションにおいて、プログラムへの参画が想定される機関の代表者等と研究取り組みの可能性を議論し、ImPACTの成果の出口イメージを具体化・共有化しました。

シンポジウムリーフレット: こちらからダウンロードできます。(PDF)

Page
Top