背景と目的

本プログラムでは、国際連合の専門機関であるITU-T(International Telecommunication Union Telecommunication Standardization Sector)が世界保健機構WHOと連携し進めているeHealthの標準化において、脳情報の取り扱いに関する標準化を提案しています。
標準化活動によって、

・BHQ規格の共有

・BHQの様々な活用方法の共有

・脳情報のグローバルな共有

が可能となることを目的としています。これらの3つの共有が実現されることにより、脳情報の産業化に向けた取り組み成果のグローバルな展開を促進するための基盤となることを目指しています。

【参考】国際機関(ITU-T*)でのBHQの標準化活動

*ITU-T: International Telecommunication Union Telecommunication Standardization Sector

標準化活動の
内容について

本プログラムで現在進めている、具体的な標準化活動は以下の通りです。

・BHQ規格を共有するための標準化

本プログラムでは、専門的な知識がなくとも、誰にとってもわかりやすく理解できる脳の健康管理指標としてBHQというコンセプトを提案し、その規格化に取り組んでいます。現在、BHQは、大脳皮質の量を指標化したGM-BHQと神経線維の質を指標化したFA-BHQの2つを開発しています。しかし、例えば健康診断の血液検査に様々な項目があるように、脳の健康も多様な観点から評価できる可能性があると考えられます。そのため、BHQという考え方を脳の健康管理指標として国際標準にすることで、脳科学の研究成果や市場のニーズをもとに、様々な新しいBHQが開発され実用されることを目指しています。

・BHQの様々な活用方法を共有するための標準化

本プログラムでは、研究者だけでなく、企業の方々や一般の方々もBHQを安全かつ有用に活用するためのユースケースの提案を進めています。現在、様々な製品やサービスの脳の健康への効果を評価するBHQチャレンジや、BHQをよりわかりやすく伝えるための脳年齢推定などを、日本発のBHQのユースケースとして提案しています。これらの取り組みを脳情報にユースケースとして取りまとめることで、日本の取り組みをガラパゴス化させず、グローバルに展開されるサービスやアプリーションとして発展させていくことや、あるいは他国の取り組みから新しい知見を得ることが促進されることを目指しています。

・脳情報をグローバルに共有するための標準化

本プログラムでは、脳の健康によいソリューションを探索していくため、BHQや関連するデータの蓄積を進めています。現在、MRI画像、BHQに加え、食事・睡眠・運動・仕事など生活習慣や、健康状態・ストレス・その他様々な心理状態に関する質問紙の結果データベース化しています。これらのデータにアクセスし、交換し、編集するために求められる標準的な機能や要件を整理し、グローバルに脳情報が共有されることを可能とすることで、BHQを用いた研究やサービス開発がより発展していくことを目指しています。

標準化活動の進捗状況

本プログラムでは、ITU-T(International Telecommunication Union Telecommunication Standardization Sector) のStudyGroup16(SG16)にて、標準化活動を進めています。2016年9月のSG16会合における審議で承認を受け、以後、約半年に1回のペースで開催されるSG16会合にて提案を行い、標準化文書の作成を進めています。

・BHQ規格を共有するための標準化

(勧告文書タイトル)
H.MBI-BHQ: Requirements on communication platform for multimedia brain information

(進捗状況)
2016年9月 ITU-T SG16のワークアイテムとして提案、承認
2017年1月 BHQの開発手順に関する草案の提案

・BHQの様々な活用方法の共有するための標準化

(勧告文書タイトル)
HSTP.MBI-UC: Use-cases of e-health applications and services using brain data

(進捗状況)
2016年5月 ITU-T SG16のワークアイテムとして提案、承認

・脳情報をグローバルに共有するための標準化

(勧告文書タイトル)
H.MBI-PF: Requirements on key performance indicators and protocols for establishing Brain Healthcare Quotients in MBI-PF

(進捗状況)
2015年10月 ITU-T SG16のワークアイテムとして提案、承認
2016年3月  脳情報の交換に関する背景情報の加筆
2016年5月  アーキテクチャ図の修正
2016年9月  メタデータに関する要求条件の修正
2017年1月  最終勧告化に向けた提案

標準化文書

勧告次第、このページで公開予定です。

Page
Top