革新的研究開発プログラム(ImPACT)は、政府の科学技術・イノベーション政策の司令塔である総合科学技術・ イノベーション会議が、ハイリスク・ハイインパクトな研究開発を促進し、持続的な発展性のあるイノベーションシステムの実現を目指したプログラムです。ImPACT宮田プログラムでは、迫り来る脅威、危険への備えを可能とする多項目オンサイトセンシングシステム「eInSECT」(本プログラムの登録商標)を開発しています。対象物質は、感染症の原因となる細菌、ウイルス、これらの大気中浮遊物であるバイオエアロゾル、また、爆発物や化学剤などの化学物質を含む空間ガス、個人の健康状態(匂い)を反映する生体ガスです。様々な有害物質や危険の予兆をリアルタイムで計測する技術を開発し社会実装することで、安全、安心、快適な社会を実現します。本シンポジウムでは、宮田プログラムの最終成果報告を行うとともに、これらの成果が今後どのように産業・社会にインパクトを与えるかについて議論したいと思います。

  • 日 時
    2018年12月3日-4日
    会 場
    JPタワーホール&カンファランス
    東京都千代田区丸の内二丁目7番2号 KITTE 4階
    http://www.jptower-hall.jp/access/
    参加費
    報告会:無料 意見交換会:有料(事前登録制)

登壇者

宮田 令子博士・農学

ImPACTプログラムマネージャー
宮田 令子 博士・農学
名古屋大学学術研究・産学官連携推進本部 特任教授

略歴: お茶の水女子大学理学部生物学科卒業。東レ株式会社入社(基礎研究所合成化学研究室)。2000年学位取得(農学博士、京都大学) 同社・ケミカル研究所主任研究員。2004年 名古屋大学産学官連携推進本部知財マネージャー(東レより出向)。2010年~名大産学官連携推進本部特任教授。2014年~ImPACTプログラム・マネージャー(名大/JST間のクロスアポイントメント)

川合 知二 博士・理学

プロジェクト1:細菌・ウイルス
プロジェクトリーダー
川合 知二 博士・理学
大阪大学産業科学研究所 特任教授
国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 技術戦略研究センター長

馬場 嘉信 博士・理学

プロジェクト2:バイオエアロゾル
プロジェクトリーダー
馬場 嘉信 博士・理学
名古屋大学大学院工学研究科 先端ナノバイオデバイス研究センター 教授・センター長
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 健康工学研究部門 研究顧問

宮田 令子博士・農学

プロジェクト3:人工嗅覚システム
プロジェクトリーダー
都甲 潔 博士・工学
九州大学高等大学院 特別主幹教授
九州大学味覚・嗅覚センサ研究開発センター 特任教授

招待講演

Coming Soon....

特別講演

Coming Soon....

お問合せ先:

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST) 革新的研究開発推進室 (ImPACT)
宮田プログラム担当 Tel: 03-6380-8193 E-mail: impact-myt(at)jst.go.jp
※(at)を"@"に置き換えてください。

主催

  • 内閣府
  • ImPACT革新的研究開発推進プログラム
  • 科学技術振興機構