核変換による高レベル放射性廃棄物の大幅な低減・資源化

世界初の核反応データを取得し、核変換のプロセスを提案。新しい核反応制御法を確立

原子力発電所の使用済み燃料を再処理した際に発生する高レベル放射性廃棄物はガラス固化し、
地層深くに埋めて処分する(地層処分)必要があります。
しかしながら、この廃棄物には半減期の長い核分裂生成物(LLFP)が含まれ、
長期保管にする不安が払拭されていません。
また、処分場がなかなか決まらないことも社会的な問題となっています。
そこで、本プログラムでは、地層処分が唯一の選択肢であったLLFPを
安定核種または短寿命核種に変換する新しい核反応経路
(パス)を探し、合理的な核変換法を確立することを目指します。
具体的には、理科学研究所にあるRIビームファクトリーなどの世界最先端の加速器を使って、
核変換データを取得し、新しい核反応経路を示す研究開発を進めます。

研究開発プログラムの概要:イメージ

プロジェクト概要:画像

プログラム概要

プログラムの説明、各プロジェクト紹介をまとめました。

プロジェクト実績:画像

研究開発実績

これまでの成果をまとめました。