JSTトップページへ
国際共同研究 日本語ページ
to English page
ICRPトップページ 概要 プロジェクト一覧 終了プロジェクト 評価 募集 お知らせ
ICORPトップ終了プロジェクト一 分子過程プロジェクト
終了プロジェクト
RNAシンセティックバイオロジー
ATP合成制御
超短パルスレーザー
時空間秩序
膜機構
量子スピン情報
器官再生
計算脳
ナノ量子導体アレー
超分子ナノマシン
エントロピー制御
カルシウム振動
フォトンクラフト
細胞力覚
バイオサイクル
量子もつれ
クレイドE型エイズワクチン研究
一分子過程
ナノチューブ状物質
分子転写
多価冷イオン
心表象
神経遺伝子
セラミックス超塑性
量子遷移
サブフェムトモルバイオ認識
超分子
微生物進化
新素材の原子配列設計制御
1998.1〜2002.12 一分子過程プロジェクト Single Molecute Processes Project
日本−イタリア
代表研究者
柳田 敏雄氏 柳田 敏雄
大阪大学大学院医学系研究科科 長・教授
Luigi Ricciardi氏   Luigi Ricciardi
ナポリ大学応用数学科教授

 相手国機関:ナポリ大学  支援機関:イタリア科学技術委員会

生 命機能を担う蛋白質は自ら集合し、お互いにダイナミックに相互作用して、生体システムを構成し、エネルギー変換、情報変換、複製など生命活動に重要な働き をしています。この高い機能性を生物分子システムがどのようにして実現しているのか、その仕組みの解明のために、単一生体分子をイメージングし、ナノメー ターの精度で捕らえ操作する技術を開発・展開するとともに、実験データを基にした理論を展開して、生体システムの巧妙な動作アルゴリズムの解明を目指しま した。
生 物分子機械では人工機械では実現できないような高い自律性、柔軟性を示し、非常に効率よく働くことや、生体分子のユニークな挙動が明らかになりました。確 実なデータを蓄積し、より高度な生体システムの仕組みの解明に向けて、さらに大きな発展への礎を築くことができました。
独立行政法人 科学技術振興機構 Japan Science and Technology Agency
JSTトップページへ