JSTトップページへ
国際共同研究 日本語ページ
to English page
ICRPトップページ 概要 プロジェクト一覧 終了プロジェクト 評価 募集 お知らせ
ICORPトップ終了プロジェクト器官再生プロジェクト
終了プロジェクト
RNAシンセティックバイオロジー
ATP合成制御
超短パルスレーザー
時空間秩序
膜機構
量子スピン情報
器官再生
計算脳
ナノ量子導体アレー
超分子ナノマシン
エントロピー制御
カルシウム振動
フォトンクラフト
細胞力覚
バイオサイクル
量子もつれ
クレイドE型エイズワクチン研究
一分子過程
ナノチューブ状物質
分子転写
多価冷イオン
心表象
神経遺伝子
セラミックス超塑性
量子遷移
サブフェムトモルバイオ認識
超分子
微生物進化
新素材の原子配列設計制御
2004.3〜2009.3 器官再生プロジェクト Organ Regeneration Project
日本−アメリカ
研究総括
浅島 誠氏 浅島 誠
東京大学副学長・特任教授
Douglas Melton氏   Douglas Melton
ハーバード大学幹細胞再生生物学教室教授

 相手国機関:ハーバード大学/ハワードヒューズ医療研究所

再生医療とは、体の組織や臓器を人為的に再生し、これまでに治療の難しかった様々な病気や怪我を完治させることを目指す新たな医療の方法です。胚性幹細胞(ES細胞)は、体を構成する全ての細胞へと分化出来るため、人体を再生する技術の実現へ期待が高まっています。再生医療実現のためには、これらの幹細胞から治療に必要な細胞を分化させる技術の開発と、その分化メカニズムの解析が欠かせません。
本研究はアメリカのハーバード大学と共同で進められ、互いのノウハウを活用する形で、日本側はマウス等の幹細胞からの分化誘導、アメリカ側はヒトES細胞からの分化誘導を中心として、様々な研究を行いました。特に日本側は、他種動物由来の物質を含まない完全無血清培地を用いたES細胞の培養法を確立しました。また、マウスES細胞から心筋細胞や気管の細胞の誘導法を開発しただけでなく、実際の膵臓と同等の構造を持つ膵臓組織を誘導する事にも成功しました。また、アメリカ側はヒトES細胞の持つ多様性を初めて直接証明する事にも成功しました。

今後、これらの技術や結果をヒトの幹細胞へと応用することによって、安全な再生医療の早期実現に向けた技術開発が加速されることが期待されます。

独立行政法人 科学技術振興機構 Japan Science and Technology Agency
JSTトップページへ