JSTトップページへ
国際共同研究 日本語ページ
to English page
ICRPトップページ 概要 プロジェクト一覧 終了プロジェクト 評価 募集 お知らせ
ICORPトップ終了プロジェクトバ イオリサイクルプロジェクト
終了プロジェクト
RNAシンセティックバイオロジー
ATP合成制御
超短パルスレーザー
時空間秩序
膜機構
量子スピン情報
器官再生
計算脳
ナノ量子導体アレー
超分子ナノマシン
エントロピー制御
カルシウム振動
フォトンクラフト
細胞力覚
バイオサイクル
量子もつれ
クレイドE型エイズワクチン研究
一分子過程
ナノチューブ状物質
分子転写
多価冷イオン
心表象
神経遺伝子
セラミックス超塑性
量子遷移
サブフェムトモルバイオ認識
超分子
微生物進化
新素材の原子配列設計制御
199.3〜2004.3 バイオリサイクルプロジェクト Bio-Recycle Project
日本−タイ
代表研究者
工藤 俊章氏 工藤 俊章
理化学研究所環境分子生物学研究 室主任研究員
Napavarn Noparatnaraporn氏   Napavarn Noparatnaraporn
カセサート大学副学長

 相手国機関:カセサート大学  支援機関:タイ国家研究評議会

シ ロアリ−微生物共生系が熱帯地域の物質循環(バイオリサイクル)に重要な役割を果たしていることに着目し、これを解明するため、本研究プロジェクトは、タ イのカセサート大学との共同研究として実施しました。日本側の研究拠点である理化学研究所におけるシロアリ−微生物共生系の主として分子生物学的手法によ る解析と、カセサート大学内に設置された実験室を拠点とする熱帯フィールド研究を組み合わせることにより、シロアリを対象とする新しい総合科学的な取り組 みを進めました。
本 研究は、1)熱帯生態系におけるシロアリ生態系の生態学的解析、2)シロアリ−微生物共生系の構造と共生機構の分子レベルでの解析、および3)バイオマス 利用のためのシロアリ共生微生物の探索、の3つの視点から多角的に行い、微生物学、昆虫学、生態学等の幅広い領域にまたがる多くの新しい成果を上げまし た。今後、これらの成果がさらに発展して、地球上の様々な地域におけるバイオリサイクルシステムが明らかになり、また未利用バイオマス資源を効率的に利用 する技術の開発にもつながることが期待されます。
独立行政法人 科学技術振興機構 Japan Science and Technology Agency
JSTトップページへ