戦 略的創造研究推進事業 総括実施型研究(ICORPタイプ)
研究プロジェクトの事後評価および中間評価の結果について


平成21年6月8日
イノベーション推進本部
研究プロジェクト推進部


 平成20年度に、戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究(ICORPタイプ)における研究プロジェクトの事後評価および中間評価を、「基礎研究に係る課題評価の方法等に関する達」等に基づき実施 しました。


1.対象プロジェクト
■ 事後評価

[計算脳プ ロジェクト ]

戦 略目標: 教育における課題を踏まえた、人の生涯に亘る学習メカニズムの脳科学等による解明
日本側研究総括: 川人 光男
株式会社国際電気通信基礎技術研究所 脳情報研究所:所長
相手国側研究総 括: Christopher G.Atkeson
米国:カーネギーメロン大学 ロボティクス研究所:教授
評価会実施日: 平成21年1月 31日

計算脳プロジェクト事後評価報告書(PDF 256KB)

[ 器官再生プロジェクト ]

戦 略目標: 個人の遺伝情報に基づく副作用のないテーラーメイド医療実現のためのゲノム情報活用基盤技術の確立
日本側研究総括: 浅島 誠
東京大学大学院 総合文化研究科:特任教授
相手国側研究総 括: Douglas Melton
ハーバード大学 分子細胞生物学部:教授
評価会実施日: 平 成21年1月29日

器官再生プロジェクト事後評価報告書(PDF 258KB)
■ 中間評価

[超短パルスレーザープロジェクト ]

戦 略目標: 光の究極的及び局所的制御とその応用
日本側研究総括:
小林 孝嘉
電気通信大学大学院 電気通信学研究科:教授
相手国側研究総 括: Ferenc Krausz
ドイツ:マックス・プランク量子光学研究所:所長
評価会実施日: 平成21年1月 24日

超短パルスレーザープロジェクト中間評価報告書(PDF 294KB)

[ 時空間秩序プロジェクト ]

戦 略目標: プログラムされたビルドアップ型ナノ構造の構築と機能の探索
日本側研究総括: 吉川 研一
京都大学大学院 理学研究科:教授
相手国側研究総 括: Damien Baigl
フランス:エコール・ノルマル・シュぺリオール:准教授
評価会実施日: 平成20年11月 28日

時空間秩序プロジェクト中間評価報告書(PDF 256KB)
2.評価の進め方

3.評価基準

4.評価委員

5.参考資料
 本件についてのお問い合わせは、戦略的創造事業本部研究プロ ジェクト推進部の斉藤、古川、森田(電話:03 -3512-3528)までご連絡下さい。  
戻る