皆様からいただいたご意見と回答

件名 : 研究課題の選定についての質問

ご意見 戦略的創造研究推進事業に対し、研究課題の選定について、透明性、公平性を問う質問がいくつか寄せられておりますので、以下のように回答します。
回答 戦略的創造研究推進事業では、研究総括(プログラムオフィサー)が研究領域の運営方針及び研究課題の選考方針を募集要項等で明らかにしたうえで研究提案を公募しています。 研究総括の選任については、当該研究分野の数十人の外部有識者へのインタビュー調査(目利き要件に当てはまる方は誰か)等に基づき候補者を選定し、外部有識者で構成する研究主監(プログラムディレクター)会議の意見を踏まえ、決定しています。 研究提案の選考については、研究総括が、外部有識者で構成される領域アドバイザー(10名程度)の協力を得て、書類選考と面接選考の2段階評価を実施しています。この領域アドバイザーの氏名は、初年度の採択課題決定までは公表しておりません。そして、評価にあたっては、研究提案者等と利害関係にある者は、評価に加わらないこととしています。 特に、研究総括と研究提案者の関係が、同一の研究室、共同研究相手(過去5年)、師弟関係・雇用関係(過去10年)に該当する場合は、選考対象から除外することとし、募集要項を通じてこれを周知しています。 なお、上記の選考で行われているピア・レビュー方式は、世界及び日本の他の競争的資金制度においても、同じように実施されているものです。 今後とも評価の透明性、公平性を高める努力を行っていく所存でございます。