研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

防災

  • SDGs11
  • SDGs13
  • SDGs08
研究代表者名(所属機関) 日本 渡辺 研司(名古屋工業大学 大学院工学研究科 教授) タイ王国 ヴィパン プラチュアブモ(チュラロンコン大学 人口学研究所 所長)
国内研究機関 名古屋工業大学、防災科学技術研究所、土木研究所 水災害・リスクマネジメント国際センター、東京大学、慶應義塾大学
相手国研究機関 チュラロンコン大学、内務省防災減災局(DDPM)・都市計画局(DPT)、国家経済社会開発庁(NESDB)、工業団地公社(IEAT)、工業省工業局(DIW)
採択年度 平成29年度(2017年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 タイ王国
研究課題の概要

災害リスクの可視化とArea-BCMの導入で、災害に強い地域社会に貢献
2011年にタイで発生した洪水は、現地生産拠点の直接浸水、物流寸断、従業員の通勤困難等による生産停止をもたらし、日本の産業界は生産調整など大きな影響を受けた。本プロジェクトでは、グローバルサプライチェーンの主要拠点であるタイにおいて、災害リスクが産業に与えるインパクトを地域ごとに可視化するArea-BCMのツールを開発し、工業団地及び周辺地域に導入して運用体制の構築を図り、災害に強い地域社会の実現を支援する。

Area-BCMの国際標準化で、アジア地域の持続的な社会・経済発展の実現へ
災害リスクが産業に与える影響を科学的手法で可視化し、地域社会を含めた産学官連携によって事業継続を可能にする。将来的には国際標準化を通じてASEAN諸国に展開し、グローバルサプライチェーンの途絶リスク低減やアジア地域の持続的な社会・経済発展の実現に貢献することを目指す。

研究実施風景
イメージ1

Area-BCMプロジェクト導入予定の工業団地ワークショップ

イメージ2

DDPM局長を交えた情報交換会議

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る