研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

防災

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs13
  • SDGs11
  • SDGs17
高橋 幸弘(北海道大学 大学院理学研究院 教授)
国内共同研究機関
相手国研究機関 フィリピン先端科学技術研究所(ASTI, DOST)
採択年度 平成28年度(2016年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 フィリピン共和国
研究課題の概要  本研究は、雷放電計測と超小型衛星を用いた稠密積乱雲観測システムにより、人命や社会活動に対する極端気象による被害を軽減することを目的とする。具体的には、フィリピン全土に雷放電電波受信機を、またマニラ首都圏に鉛直電場計測器と気象観測計器を組み合わせた稠密観測ステーションを設置し、全国および東南アジア全域の積乱雲および台風の活動動向と、マニラ首都圏上空の積乱雲発達状況を、リアルタイムで把握するシステムを構築する。同時に、超小型衛星のオンデマンド運用で得られる雲の画像を解析し、雲の立体細密構造を把握する手法を開発する。さらに、地上からの積乱雲観測と衛星による雲の観測データを統合することで、局所的な豪雨にかかるナウキャスト(防災気象情報)を可能にする技術を開発し、それに基づく警報システムの開発を目指す。
研究実施風景
研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF平成28年度(4,159KB)
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る