研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(低炭素社会)

  • SDGs17
  • SDGs9
研究代表者名(所属機関) 日本 坪井 務(名古屋電機工業株式会社 海外事業推進室 室長) タイ ザファー カーン(インド工科大学ハイデラバード校 教授)
国内研究機関 名古屋電機工業株式会社、日本大学理工学部
相手国研究機関 インド工科大学ハイデラバード校(IITH)
採択年度 平成28年度(2016年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 インド
研究課題の概要

交通解析によるマルチモーダルシフトの確立と低炭素社会の実現
 新興国とりわけインドでは、経済の著しい発展とともに交通量増大による環境破壊や死亡事故のネガティブインパクトが社会的課題となっている。交通実態の把握が難しい現状に、最新のセンシング技術の活用によるビッグデータ解析を駆使することで都市交通の把握を目指す。さらに携帯端末を活用した公共交通を含む交通手段のマルチモーダル化(複数の交通手段の連携)へのシステム構築を目指す低炭素スマートモビリティの実現を目標としている。

インドでのモーダルシフト加速と持続可能な取り組みの構築
 インドの都市における交通把握によりインド全土に共通する交通量把握の手法を確立し、既に広く使われている携帯端末の効果的活用の仕組みを構築する。これによりモーダルシフトを可能とする新興国に適合した都市交通を実現するコンソーシアム活動へ発展させるための布石を投じる。

研究実施風景
イメージ3

テストベッド構築予定のインド工科大学ハイデラバード校。ここで開発されたモデルにてアーメダバード市内の導入実証に生かされる。

イメージ1

日常交通混雑の発生しているハイデラバード市内

イメージ2

アーメダバード市内に2019年開通予定のメトロ。本プロジェクトではマルチモーダル化を目指し、メトロやBRTとも連携する。


研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF平成28年度(514KB)
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る