研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(地球規模の環境課題)

  • SDGs2
  • SDGs13
研究代表者名(所属機関) 日本 本郷 千春(千葉大学 環境リモートセンシング研究センター 准教授) インドネシア ババ バルス(ボゴール農科大学農学部 教授)
国内研究機関 千葉大学、東京大学、東北大学、日本大学
相手国研究機関 ボゴール農科大学、ウダヤナ大学、西ジャワ州農政部、バリ州バドゥン農政事務所
採択年度 平成28年度(2016年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 インドネシア共和国
研究課題の概要

空間情報を駆使した効率的な損害評価方法の構築と社会実装
 水稲の農業保険制度を開始したインドネシアを対象に、“気候変動の適応策である農業保険の向上・改善を支援することにより農業保険が広く普及し、将来的には国際規模の食料安全保障に貢献すること”を目標としている。そのために、農業保険制度の中核となる損害評価を、衛星、ドローン、GIS等の空間情報を駆使して客観的、効率的、広域的に評価可能な新たな手法を確立し、社会実装の実現を目指す。

気候変動適応策としての農業保険の強化と持続的農業の実現
 衛星・ドローン等を活用することにより、従来の目視に依存する評価法と比べて機動的な損害評価手法が構築される。東南アジアのニーズに合った農業保険の改良と普及を通し、気候変動による農業生産者の経済的損失が軽減され、持続的生産のための支援体制の確立と食料安全保障の実現に寄与する。

研究実施風景
イメージ1

干ばつ被害水田

イメージ2

土壌調査の様子

イメージ3

調査終了後の集合写真(農家、普及員、千葉大学、ウダヤナ大学)

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF平成28年度(459KB)
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る