研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(地球規模の環境課題)

研究代表者名(所属機関)
  • SDGs2
  • SDGs13
本郷 千春(千葉大学 環境リモートセンシング研究センター 准教授)
国内共同研究機関
相手国研究機関 ボゴール農科大学
採択年度 平成28年度(2016年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 インドネシア共和国
研究課題の概要  本研究は、気候変動の適応策である農業保険制度の試行的取り組みを開始したインドネシアを対象として、保険制度の中核となる損害評価を効率的に実施するための新しい損害評価手法を確立することを目的とする。そのために、(1)水稲の干ばつ害、病虫害、水害を損害評価対象災害として、衛星、UAV(無人航空機)、GIS(地理情報システム)、実測調査データなどの空間情報を駆使した客観的、効率的、広域的に損害評価を実施する手法の確立、(2)現行保険制度と新しい損害評価手法の統合と社会実装、(3)損害評価手法の運用および改良に必要な情報基盤の整備、(4)評価手法の開発および運用に関するキャパシティ・ディベロプメントを行う。これにより、インドネシアにおいて気候変動によって生じる農業生産者の経済的損害を軽減し、農業生産の支援体制を確立でき、食料安全保障の実現に寄与する。
研究実施風景
研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF平成28年度(459KB)
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る