研究課題詳細

JSTトップ SATREPSホーム 研究課題一覧 研究課題詳細

[本文]

環境・エネルギー(地球規模の環境課題)

  • SDGs15
  • SDGs13
  • SDG2
研究代表者名(所属機関) 日本 恒川 篤史(鳥取大学 乾燥地研究センター 教授) エチオピア エンネョウ アドゥゴ(バハルダール大学 農業・環境科学部 准教授)
国内研究機関 鳥取大学、島根大学、東京大学
相手国研究機関 バハルダール大学
採択年度 平成28年度(2016年度)
研究期間(採択時) 5年間
相手国 エチオピア連邦民主共和国
研究課題の概要

次世代型SLM(持続可能な土地管理)のフレームワークを提案
エチオピアを対象に、土壌侵食防止機能の強化、土地生産力の向上、住民の所得向上を組み込んだ次世代型持続可能な土地管理のフレームワークを提案する。降雨による土壌侵食の激しい青ナイル川上流域の3地域(高地、中間地、低地)に設置する研究サイトにおいて、土壌侵食の削減や耕畜連携システムの導入により土地生産力を向上する技術を開発し、さらにそれを住民の生計向上につなげる手法を開発する。

土壌侵食の削減、土地生産力の向上、住民の生計向上に貢献
「持続可能な土地管理」は、すでに砂漠化対処に向けて世界的に広く実施されているが、その効果や持続性の問題が指摘されている。本プロジェクトでは、開発された個別要素技術とそれらが普及していくための取り組み・手法を定式化し、青ナイル川流域および世界の乾燥地への展開を目指す。

研究実施風景
イメージ1

ガリー侵食によりえぐられた大地

イメージ2

手作業での畑仕事

イメージ3

赤ちゃんを背負って調理する主婦

研究プロジェクトWEBサイト
プレスリリース
実施報告書 PDF平成28年度(453KB)
評価報告書
関連URL

世界地図へ戻る研究課題一覧へ戻る